アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『クリミナル・マインド』シーズン13 第22話「信じる者たち」あらすじ・ネタバレ&感想 

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20190213171503j:plain


『クリミナル・マインド』シーズン13 第22話「信じる者たち」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

さていよいよシーズンフィナーレです。『ウォーキング・デッド』の後半戦が始まってしまい、すっかり後回しにしちゃってました。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第22話「信じる者たち」あらすじ・ネタバレ

 

リード宛てに匿名のメールが届き、それにはある倉庫の場所と、1年前に辞めたFBI捜査官オーウェン・クインのバッジの写真が添付されていた。

 

リードはSWATを引き連れて倉庫に向かう。そこで意識のないクインを発見。死んでいると思われたが、クインは生きていた。

 

クインはプロファイラー志望で、シリアルキラー「絞殺魔」の存在を主張していたが、プロファイルの甘さを指摘されたため、FBIを辞めて自力で捜査していた。

 

リードはクインから話を聞く。クインは「絞殺魔」を追っていると、犯人に見つかって監禁されてしまったという。犯人は夫婦で、大学生の息子がおり、住宅街にある犯人の家に監禁されていた、とクインは話す。クインは両手の指紋を焼かれていた。

 

ロッシはクインの話をありえないと疑い、クインが「絞殺魔」ではないか、という可能性も考える。

 

 

クインの話から、監禁中にクインの世話をしてくれた息子のテオがリードの授業を受けていたことがわかり、そこから「絞殺魔」夫婦の自宅が判明、チームが向かう。

 

しかしそこには夫婦が銃で撃たれて死んでおり、テオの姿はなかった。しかも夫婦はクインの所持していた銃で撃たれており、ますますクインが疑わしくなる。

 

プロファイルも固まらない中、クインの元同僚メアリーを筆頭に元同僚たちはクインの無実を訴える。

 

そんな時、テオが地下鉄で2人の男性を撃ち殺す。テオが両親を殺して暴走しだしたのかと考えられたが、2人の男性は何らかの組織の人間でクインのように指紋を焼かれた跡があり、テオを追っていたと判明。

 

テオは恋人のエイプリルと一緒に逃げていると推測、エイプリルの祖父が所有する別荘に隠れているのではないかと、その別荘にリードとクインが向かう。

 

そこでテオとエイプリルを発見。テオの話によると、テオの両親は「絞殺魔」ではなく、カルト教団「ビリーバーズ」の信者で、リーダーのメサイアに誘拐した人を渡し、殺していたのはメサイアだという。

 

テオは「ビリーバーズ」から抜け出そうとエイプリルの力を借りていたが、両親がエイプリルを殺そうとしたので両親を殺したのだと話す。

 

チームはすぐにメサイアのアジトを見つけ出し突入、メサイアはあっけなく逮捕される。そこには指紋を焼くという入信の儀式に使われたと思われる塩酸を入れる皿が置かれてあった。

 

リーダーを失ったカルト教団はすぐに消滅する、とチームは事件の解決を喜ぶ。クインもじきに釈放されるという。解決を祝い、仕事の残っていたガルシアとリード以外のメンバーはロッシの家で飲むことに。

 

しかしプレンティスは、クインがなぜ入信の儀式である指紋を焼かれるという拷問をされたのかが引っかかると言い、JJは、クインは洗脳されて「ビリーバーズ」に入信したのではないかと疑う。

 

すぐにクワンティコに残っていたガルシアとリードに連絡。ガルシアはクインと元同僚のメアリーとエレベーターに乗り合わせていた。

 

そんな時、銃声がオフィスに響く。別のフロアにいたリードはすぐに銃声の聞こえたエレベーターに向かう。エレベーターが開くとクインだけが乗っており、リードはクインに銃を向けるがクインは腹を撃たれていた。

 

リードは何が起きたのかと聞く。すると後ろから声が聞こえ、メアリーが銃を向けていた。メアリーはメサイアの解放を求める。リードが拒否すると、一台の車が現れその中にはガルシアが捕まっていたのだった。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第22話「信じる者たち」の感想 

 

なかなか先の見えない展開でした。あっさりメサイアが捕まって終わりなわけないとは思いましたけど、まさかのメアリーが信者だったなんて。

 

クイン、絞殺魔夫婦、テオと怪しい人が次から次へと変わるもんだからどういう展開になるのか全然予想がつきませんでした。もはやエイプリルさえ怪しく思ってたくらい。

 

メアリー、不自然な登場だったから変だな~とは思ったけど「ビリーバーズ」だったとは。FBI入局が先?「ビリーバーズ」入信が先?気になる。

 

「ビリーバーズ」といえば、ジャスティン・ビーバーのファンたちのイメージなので、カルト団といわれてもしっくりきません。

 

カルト教団といえば、ディラン・マッケイことルーク・ペリーがカルト教団のリーダーを演じたシーズン4の「カルト教団の行方」ってエピもありましたね。内容はあんまり覚えてないですけど、ディランが「クリミナル・マインド」に出演してる衝撃だけ印象的です。

 

シーズン14へのクリフハンガーになってますが、監禁され、「絞殺魔」だって疑われ、最後にうたれちゃって、災難続きのクインの行く末が心配。助かってほしいですね。テオもこのまま助かって終わりじゃない気がする。メアリー、危なそうだしな。

 

捕まっちゃったガルシアも心配。リードとガルシアって事件に巻き込まれ率高いような気がします。

 

シーズン15で打ち切りが決まった『クリミナル・マインド』ですが、終わっちゃうと思うとやっぱり寂しいですね。シーズン14からは話数も減るようだし。

 

リードが主役のスピンオフとか作ってくれないかな。でも『クリミナル・マインド』はスピンオフが成功しないのでありえないか。