アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『クリミナル・マインド』シーズン13 第12話「セントラルパークの狼男」あらすじ・ネタバレ&感想 

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20181124161348p:plain

『クリミナル・マインド』シーズン13 第12話「セントラルパークの狼男」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

 

最近迷走中の『クリミナル・マインド』ですが、今回も「狼男」というタイトルにかなり不安を感じますが・・・。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第12話「セントラルパークの狼男」のあらすじ・ネタバレ

 

ニューヨークのセントラルパークで、首を切られ、腹を裂かれて殺される連続殺人事件が発生。遺体に付いていた歯型から、大型動物の仕業の可能性も視野に捜査を開始。

 

犯行はいずれも満月の夜に行われており、検死の結果、被害者の遺体から人間の唾液が検出される。そしてその唾液からは薬物が検出され、犯人は薬物の影響やストレスによる「狼化妄想症」で、歯型はマウスピースではないかと推測された。

 

そんな中、セントラルパークで血の付いた上着を着た少年チャドが逮捕される。チャドには軽犯罪での補導や逮捕歴があり、今回逮捕された時も薬物を使用しており、自分が殺人事件の犯人だと自供するが、チームはチャドが施設より刑務所に入りたいがための自供だと推測。

 

薬物が抜けたチャドに認知面接を行った結果、チャドはセントラルパークで犯人に出会っており、ベンチで寝ているチャドに犯人が上着をくれたことがわかった。

 

そして新たな犠牲者が相次いで発見される。1人はセントラルパークにいた屋台のホットドック屋の店主、もう一人は初めてセントラルパークの外で見つかり、しかも女性、犯人は指を食いちぎり、婚約指輪を奪っていた。

 

女性被害者の指輪を奪ったことから、妻か恋人への怒りを抱え、家族を失った喪失感から、実際犯罪者だった被害者や悪人に見えた被害者を殺したのではないかと考えられた。

 

ガルシアが、過去にセントラルパークで起きた子どもや家族絡みの事件を調べることに。すると2年前の同じ月、しかも満月の夜に、家族が強盗に襲われ、抵抗した15歳の息子が射殺されるという事件が起こっていた。

 

父親のミッチは仕事が歯科技工士で、犯人と推測された。チームは自宅に急行するがミッチは住んでいなく、妻のアデルから話を聞くことに。

 

ミッチはマンハッタンに1人で住んでおり、息子が死んだ事件の1年後に別居し、先月離婚を申請したという。息子が殺された時、アデルは息子を守らなかったミッチを激しく責めたと話した。

 

ミッチはマンハッタンの自宅にも職場にもいなかったが、セントラルパークでチャドらしき少年を引っ張っていったという目撃情報が入った。ミッチは息子を守れなかった罪悪感から、チャドを守ろうとしているのではないかと推測された。

 

セントラルパークへ向かうチームと警察。警察がすでにミッチとチャドが隠れている木の幹の穴を見つけており、警察は閃光手榴弾を使って突入すると言うが、チームはミッチを説得すると言う。

 

チームはミッチが隠れている場所の近くにアデルを連れてきて説得に協力させる。チームの指示通り、アデルは息子が殺された時ミッチを責めたことを謝り、チャドを解放するよう頼む。

 

それを聞き、我に返ったミッチはチャドを解放。そしてミッチは逮捕された。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第12話「セントラルパークの狼男」の感想

 

「狼男」ってフレーズに一抹の不安を感じましたが、切なさいっぱいのストーリーでした。冒頭は「スーパーナチュラル」かと錯覚する被害者たちの姿でしたが、サムもディーンも本当の狼男も出てきません。

 

「狼化妄想症」の男の犯行ってことなのですが、「狼化妄想症」?聞き慣れなさ過ぎ。薬物や精神疾患の妄想や幻覚などで起こる症状らしいです。

 

欧米には色んな疾患があるもんですね。「ピエロ恐怖症」とかね。確かにピエロは気持ち悪い。

 

犯人のミッチは、息子をなくしたストレスから薬物に走り、この「狼化妄想症」になっちゃったのですが、ミッチ家族が強盗に襲われた時、15歳の息子は無鉄砲にも銃を奪おうとして強盗に立ち向かうんですが、ミッチはその場でフリーズしちゃって何もできず息子は死んじゃいます。

 

妻には、男なら家族を守れよ、アンタが死ねばよかった、てな感じの暴言吐かれてしまい、そりゃ薬に逃げるしかないわな状態。

 

そして別居した妻は新しい恋人を作り、離婚を申請。ミッチはどんどん破綻していき、犯行を重ねることになります。

 

ミッチの犯した罪は許せるもんではないし、被害者に非はないのですが(非のある被害者も)、同情の余地もあってなにかとやるせない。

 

息子が殺された時、守れなかったのは男らしくないのかも知れませんが、銃を持った人間に出会った時、誰もが勇敢な行動を取れるわけじゃないし、その時になってみないと想像もつかないもんです。息子が抵抗したのは若さゆえの行動だし、年を重ねているミッチは怖さを知ってますからそりゃ動けませんよ。

 

でも奥さんからしたら、フリーズしてるダンナを情けなく思っちゃうだろうし、男なら家族守れよって、アメリカ人なら特に考えそう。しかも目の前で息子撃たれたわけだし、暴言吐くのも仕方ない。

 

ミッチの一番弱いところは薬に逃げたところですよね。根っからのサイコパスってわけでもなかったし、薬がなかったらこんなことになってないですもんね。うーん、やるせない。

 

逮捕されたミッチと奥さんがパトカーの窓越しに手を重ねるシーンも切なかった。息子が殺されてなければ今も3人で幸せに暮らしていただろうし、こんな事件も起きてなかった。ミッチが逮捕されたけど、奥さんは新しい恋人がいて、息子の事件と今回の事件のことを抱えてこれからも生きていかないとならないんですからうーん、ツラい。

 

最初から最後まで切ない話でしたが、ちょっとホっとするエピソードも。

 

なんとアルヴェスくん、美人さんとおデートしてました。デートの途中で事件が入ったうえに、ちょっした誤解から危うく破談になりそうでしたが、無事事件解決後に再デートでいい感じでした。

 

髪もスッキリカットしてカッコよくなってましたよ。なんだかんだで私アルヴェス好きなのでうまくいってほしいですね。

 

セントラルパークを張り込み中のアルヴェスとシモンズが2人で恋バナしてるシーンに萌えました。肉体派二人がかわいくって。