アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『クリミナル・マインド』シーズン13 第7話「千の切り傷」あらすじ・ネタバレ&感想 

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20181017173531j:plain

『クリミナル・マインド』シーズン13 第7話「千の切り傷」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第7話「千の切り傷」あらすじ・ネタバレ&感想 

 

テキサス州オースティンで、女性が車の中から拉致され、顔に深い傷を負わされる事件が立て続けに発生する。被害者女性はいずれも朦朧とした状態で見つかり、記憶も断片的だった。

 

被害者の首には2つの小さい傷が残っており、スタンガンか何かで襲われたのと考えられたが、リードは被害者の症状からヘビの毒だと気づく。

 

そんな中、3件目の事件が発生。今度の被害者は顔の傷の他に舌が切られ、ヘビのような二枚舌にされていた。

 

被害者の傷の状況から、犯人は人体改造に関わりがある人物だと推測され、ヘビのタトゥーやスカリフィケーション、タンスプリッティングの専門家を調べる。

 

するとライアン・キャッシュというタトゥーショップの経営者が浮上するが、キャッシュにはアリバイがあり、被害者に施されたタンスプリッティングのやり方にも否定的だった。

 

3人の被害者の車が見つかった現場周辺の写真に必ずある不動産業者の物件が写っていることに気づき、その不動産業者を調べることに。

 

その業者の仲介人はラーラという女性で、2人の娘がいた。さらに詳しく調べるとラーラは15歳で長女のデジーを生んでおり、その10年後に再婚し妹のティナを生んでいた。

 

妹のティナはテキサス大の大学生で、姉のデジーは高校中退の問題児という境遇の違いや過去の記録から、デジーはラーラに虐待されて育ったと推測され、母親の2面性に対する怒りが被害者にぶつけられた、デジーによる犯行だと考えられた。

 

そんな中、ティナがデジーに連れ去れたという情報が入り、チームは2人の居場所を探す。デジーがタトゥーショップと開こうと計画していたという情報から、ラーラが扱った物件でタトゥーショップを見つけ出し、その現場へ向かう。

 

JJ、アルヴェス、シモンズが現場に着くと、ティナはヘビに噛まれ意識を失っており、ラーラが縛られ、デジーに舌を切られそうになっていた。

 

デジーを説得するアルヴェス。しかしデジーはメスを手に、ヘビが沢山入った水槽をひっくり返し裏口から逃走。裏口にはシモンズが待ち構えており、シモンズは銃を構えてメスを捨てるよう言う。

 

しかしデジーはメスを持ったままシモンズに襲いかかろうとし、シモンズは発砲、デジーは死亡する。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第7話「千の切り傷」の感想 

 

ヘビって本当にゾワゾワしますよね。顔だけ見るとかわいく見えないこともないんですが、あの形状が気持ち悪いんです。足ないし、クネクネしてるし。

 

前回に引き続き、今回も死人なし(前回は一人死んだけど自殺)のソフトな仕上がり。人が死ぬから面白いってわけじゃないですが、インパクトは薄くなります。

 

今回はヘビを使ってたり、犯人のビジュアルもヘビみたく人体改造されてて、そこのインパクトは強めで最初はドキドキ観てたけど、よく考えたらヘビを被害者の車に仕込んだところで絶対ヘビが噛むとは限らないし運試しな感じが微妙。

 

そもそも関係ない人を身代わりにして巻き込まないでさっさと母親拉致ったほうが早くないかな。近所にいるっぽかったし。

 

ヘビに執着してるのは、小さい頃に閉じ込められた小屋にヘビが出たけど、そのヘビは何時間も一緒にいても噛まなかったから~みたいな、納得いくようないかないような理由も語ってましたが、単純におとなしい種類のヘビなんじゃないの。

 

小さい頃は虐待されて育って、妹ができたと思ったら妹は愛されて育ち、しかも優等生って、劣等感の塊になって母親を恨む気持ちもわかるし、母親もほんと最低だけど、他人を傷つけたらダメです。他のサイコパスにもいえることですが。

 

最後に犯人はシモンズに撃たれて死亡しますが、連続殺人犯というわけでもなかったし、被害者には一生残らない傷ができてしまって許されるわけではない犯行ですが、要犯人にも消えない心の傷があって同情の余地もあったので、モヤっとする結末でした。

 

シモンズの行動は間違いではないですが、彼もこんな形で発砲するのは不本意ですよね。犯人もきっと撃たれたくて襲いかかったような気がします。母親に恨みは晴らせなかったし、他の被害者にはきっと罪の意識を持っていたはず。

 

しかし人体改造って本当にすごいですね。タトゥーも一般人からしたらすごいと思うけど、スカリフィケーションが馴染みがなさ過ぎて。

 

皮膚を切ったり焼いたりしてわざとケロイド状にして文字や絵を残すそうなんですが、想像しただけで痛すぎる~。

 

スプリットタンも痛そうだけど、ネットで「人体改造」って検索すると、妖精みたいに尖った耳にしたり、鬼の角?みたいなの入れたり、顎や頬の皮膚に穴開けて歯が見えるようにしたり(書いててよくわかんない)する人の画像が出てきて、世界には色んな人がいるもんだと驚かされました。