アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『クリミナル・マインド』シーズン13 第6話「シェルター」あらすじ・ネタバレ&感想 

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20181012233309j:plain

『クリミナル・マインド』シーズン13 第6話「シェルター」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第6話「シェルター」のあらすじ・ネタバレ

 

バージニア州で20代の女性シェフ、アリーが失踪。過去5年の間にアリーと同じ状況で医者や教師などの3人の女性が失踪していることがわかる。

 

犯人の動機を探るが、被害者に人種やタイプなどの共通点は少なく、被害者同士の接点もなかった。

 

BAUが捜査に加わるということが報道され、警察に5年前に同じような状況で妹が失踪したと言う女性ジョアナが現れる。

 

ジョアナの話を聞くJJ。ジョアナによると、妹のクリッシーは酒やドラッグなどの問題を抱えていたため、他の失踪した被害者たちとタイプが違うため事件扱いしてもらえなかったが、自ら姿を消すような子ではないという。ジョアナはクリッシーを見つけて欲しと懇願。

 

クリッシーのことを調べ始めると、クリッシーと同時期に複数の10代のクリッシーと同じタイプの少女たちが失踪していることがわかる。しかも、クリッシーを含め、彼女たちは皆妊婦だった。少女たちの失踪の直後に産科医の女性が失踪していることがわかった。

 

そんな時、5年前に失踪していた産科医のロバータの遺体が好演で発見される。ロバータは身なりも栄養状態も良く、自殺したあとに捨てられたようだった。

 

そして、新たな拉致事件が発生。今回は白昼堂々拉致しており、目撃者が携帯で犯行を撮影していた。

 

動画を見てみると、犯人は2人組と考えられ、時計を気にしながら11時57分30秒に犯行を行っていため、その数字がなにかの暗号、アドレス、宗教的な数字なのかと推測する。

 

被害者の身元がわかり、ペイジという小児科医で、犯人は医者が一人いなくなったため補充したのではと思われ、他の拉致された被害者や生まれた子どもたちは生きている可能性が高いと推測された。

 

今までの被害者たちが拉致された時間を調べてみると、一人目が11:50、二人目が11:52、三人目が11:55と、おそらく世界終末時計になぞられたカウントダウンだということがわかり、犯人は“プレッパー”と自称している、人類の破滅の危機が起きても一定の生活が送れるように備えている者たちの1人で、人類が滅亡した後の世界の住人として被害者たちを拉致しているものと推測された。

 

ガルシアがバージニアに住むプレッパーたちを絞り込んでいくと、水や食料、医薬品などの備蓄品のほかに、クロロフォルムを購入しているローレンス・コールマンという男を見つける。

 

コールマンの自宅や所有している倉庫に行ってみるが空振りで、仕事の数か月前に退職していた。

 

そこで共犯者を探し出すことにし、コールマンとネット上で繋がっていて、終末論を語り合っていた人物がいないか調べることに。

 

するとアイリーンという、薬物乱用者のカウンセラーをしている女が浮上する。アイリーンは犯行に使われていた車と同じタイプの車を所有しており、しかもクリッシーの担当カウンセラーだったことがわかる。

 

さらに失踪している他の妊婦たちも担当していたことがわかり、アイリーンがコールマンに被害者を差し出していたと考えられた。

 

アイリーンは自宅の近くに大きな土地を所有しており、JJとリードがそこへ向かう。

 

その広い土地には何も見当たらなかったが、地下シェルターということを思いつき、入り口を探す。すると怪しい岩を見つけ、そこにはハンドルがあり、回すと扉が開いた。

 

地下へ降りていくリードとJJ。監視カメラがあり、侵入者を知らせる警報が鳴る。奥へ進む二人だったが、途中で前のドアも後ろのドアも閉まり、閉じ込められる。

 

JJは携帯をかけるがつながらず、ドアを開ける暗証番号キーがあるがパスワードがわからず頭を抱える。

 

するとそこへ、アイリーンを人質に取ったアリーとペイジがやってくる。JJは自分たちはFBIで助けに来たことを告げ、暗証番号を問う。

 

ペイジがアイリーンに暗証番号を問いただすが、アイリーンは答えない。すると、他の被害者の女性たちを連れたコールマンがやって来る。

 

リードはコールマンに女性たちを解放するよう言うが、コールマンは拒否。JJは女性たちの中にクリッシーを見つけ、ジョアナが探していると話す。

 

しかしクリッシーを含め女性たちは世界が滅んでしまったとコールマンに洗脳されているため、JJやリードの話を信じようとしない。

 

JJは必死にクリッシーや他の女性たちを説得。するとクリッシーが、よくも騙していたわね、と持っていた懐中電灯でコールマンを殴る。

 

そしてアイリーンが暗証番号を言い、JJとリードは無事扉の外へ。クリッシーは女性たちも無事地上へ出て家族のもとに。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第6話「シェルター」の感想 

 

まったくパッとしない回でした。世界終末時計?プレッパー?なんじゃそりゃ。

 

人類滅亡に備えるために女の人拉致する必要あるんでしょうか。人数多いと蓄え減るの早くなるし、プレッパーの仲間たちだけでシェルターに潜っとけばいいのに。

 

コールマンとアイリーンで子ども作って自分たちの理想郷でもなんでも作ればいいのに。この二人がやりたかったことがイマイチわかりません。

 

終末時計になぞらえて、11:50、11:52、ってカウントダウンしながら拉致するっていうのも???です。

 

犯行の瞬間を動画撮影されてるってマヌケすぎるでしょ。動画撮影した人も助けろよ!だし。よく5年間防犯カメラに映らず犯行に及んでたもんです。

 

被害者の女性たちは、世界は滅亡したって洗脳されてたみたいですが、ただのオッサンが簡単に人を洗脳できるもんなんでしょうか。カウンセラーのアイリーンの技?

 

ビデオ見せて洗脳するシーンが雑すぎて説得力まったくなし。だからシェフのアリーや最後に拉致られたペイジなんかはまったく信じてなく、逃げる気マンマン。

 

いつものサイコパスでもないし、カルト教団ってほど闇な感じでもないし、ハラハラもゾワゾワもなし。コールマンも印象薄め。もう顔も覚えていません。

 

今回は失敗回ですね。