アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『クリミナル・マインド』シーズン13 第5話「ラッキー・ストライク」あらすじ・ネタバレ&感想 モーガンがゲストで登場

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20181005194345j:plain

『クリミナル・マインド』シーズン13 第5話「ラッキー・ストライク」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

 

「ラッキーストライク」と言えば、アメリカ生まれのタバコの銘柄ですね。タバコ吸わない私でも、子どものころに見たあのアメリカンなCMは記憶に残っています。

 

とはいえ、今回は「ラッキーストライク」といえど、タバコとは一切関係ありません。

 

なんと、10年前のシーズン3で出てきた犯人がまさかの再登場。この犯人が登場するエピは不快度が高く、このブログの別の記事でも紹介しています。

 

 

 

www.yo-drama.com

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第5話「ラッキー・ストライク」あらすじ・ネタバレ

 

フロリダ州ブリッジウォーターで、手の指と足を切断され、胸にペンタグラムが彫られた女性の死体が発見される。

 

この遺体の状況は、10年前に同じ町で起きた連続殺人事件と一致しており、その時逮捕された犯人のフロイド・フェイリン・フェレルは、精神鑑定により裁判を受けるのは不可能とされ、医療施設に入院させられていた。

 

BAUは捜査を開始。今回の犯行は模倣犯の可能性も考えられたが、検視の結果で被害者が本人のものではない指を食べさせられていたことがわかり、10年前のフェレルの犯行と同じではあるが、そのことは世間には公表されておらず、しかもフェレルは病院の判断で数か月前から週末の自宅療養が認められており、フェレル本人の犯行の可能性も出てきた。

 

フェレルは、今回の事件の犯人が10年前の事件の真犯人であり、自分は精神疾患を抱えていて真犯人に操られていただけだと、弁護士を立てて主張し出す。

 

チームは妹の家に身を寄せているフェレルを見張ることに。フェレルは教会に通う事を許可されていて、着用が義務づけられている監視装置は使い物にならないぐらい旧式のもので、フェレルへの疑惑が深まる。

 

そんな中、10年前フェレルに拉致されたが助かった被害者を見つけ出し、話を聞くことに。その女性の供述から、女性が監禁された一軒の倉庫を見つけ出す。

 

その倉庫に向かうと、そこから新たな女性の遺体が見つかる。その女性が1人目の被害者で、先に見つかった被害者が食べさせられた指の持ち主だった。

 

この被害者の足にはフェレルではない人物が噛みついた跡があったが、ためらい傷や犯行に手馴れていない感じから、10年前フェレルを操っていたとされる真犯人とは思えなかった。

 

そのことから、フェレルが犯人に操られていたのではなく、今回フェレルが誰かを操り自分の犯行を完璧にコピーさせ、10年前の犯行もその人物のせいにさせるという計画なのではないかと考えられた。

 

2番目に見つかった最初の被害者の周辺の人物を調べると、被害者の恋人の弟マーカスが問題を抱えた人物で、教会通いで立ち直ったという。マーカスの写真を見たシモンズは、フェレルの監視でついていった教会にマーカスがいたことに気づく。

 

そんな中、フェレルとマーカスがいた教会に居合わせた女性が行方不明に。フェレルの自宅で犯行に及んでいると推測したBAUは自宅に向かう。

 

ロッシとアルヴェスが自宅へ乗り込み、女性とマーカスを発見。女性にナイフを突きつけるマーカスをロッシが説得。フェレルに操られている、とマーカスに言うが、マーカスは自分の意志でやっている、10年前の事件も時分が真犯人だと自白し、マーカスは自殺する。

 

マーカスの自白により、10年前の事件はマーカスが真犯人だとされ、フェレルは無罪放免になってしまうという危機に。

 

ロッシはフェレルが入院している病院の理事会を説得しようとするも、理事会は聞く耳を持たずフェレルに冤罪を謝罪し、精神疾患を克服したと認め退院を許可しようとする。

 

そんな時、マーカスの検死結果を見ていたガルシアが、マーカスは切り取った被害者の指を食べていたが、マーカスの胃の中から見つかった被害者の指が5本だったということに気づく。切り取られた指は10本だった。

 

理事会に出席しているロッシに連絡し、ロッシはフェレルの胃や消化器官を調べる令状を理事会に提出し、被害者の指が見つかるはずだと病院側に告げる。

 

病院側が精神疾患を克服したと認めたことから、今回の事件は共犯者、10年前の事件は改めて殺人罪として告発する、とフェレルに告げ逮捕する。

 

『クリミナル・マインド』シーズン13 第5話「ラッキー・ストライク」の感想

 

2回目の登場となるとインパクトも薄まりますが、相変わらずのキモ男っぷりでした~。意味不明なブリーフ一丁姿をまたもや披露。

 

10年前の事件では、被害者に前の被害者の指を食べさせていたのはもちろん、被害者の肉をシチューに入れてボランティアの人にふるまうというショッキングな行動も。

 

10年前にこのキモ男の取り調べをしたのがモーガンで、その絡みでモーガンは登場するのかなと思ったら、モーガンはガルシアに会いにきただけでした。

 

ガルシアは10年前のこのキモい事件が起こったときに、デート相手の男に銃で撃たれて重傷を負ったんですよね。キモ男とは一切関係ないけど、この事件の捜査中だったってことからフラッシュバックしちゃって激しく動揺したんです。

 

そんなガルシアを助けるためにモーガンが投入。相変わらずカッコよかったっす。ストーリーにもそんなに関係のない、ちょっとのシーンのために登場してくれるなんて、モーガンってばいい人。

 

事件の話に戻りますが、連続殺人犯が精神鑑定で裁判受けずに入院措置だなんて、やるせなさすぎですよね。しかもこの人肉好きなキモ男は意外とキレ者で、身代わり育てて無罪放免を計画しちゃうほど、ある意味正常。

 

そんなうまいこと人肉食らいたいやつが狭い町で出会うかよ、とツッコみたいところもありましたが、キモ男が無罪放免という消化不良な結末かと思いきや、指5本のための腹の捜索令状という斬新な展開、さらにアホな病院が精神疾患を克服したと認めたために改めて殺人犯として告訴っていうスカッとなラストは面白かったです。

 

10年前の犯人を引っぱり出してくるなんて、ネタに困っているのかと疑ってしまいますが、かなり印象に残ってたエピなのでちょっとうれしかったですね。