アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

ディズニーチャンネル『ゾンビーズ』を観た感想 ネタバレあり ゾンビと人間の斬新な青春映画

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20180523144716j:plain

 

ディズニーチャンネルで放送されたオリジナルムービー『ゾンビーズ』を観てました。

 

『ウォーキング・デッド』効果なのか、最近ゾンビものもドラマが増えているような気がしますが、まさかディズニーチャンネルまでもがゾンビに手を出すなんて。

 

しかも青春物で。女の子と恋しちゃうらしいけど。人を襲わないし、人食べないし、人をゾンビにもしちゃわない。斬新すぎです。

 

 

 

ディズニーチャンネル『ゾンビーズ』のあらすじ

 

主人公は、チアリーダーになるのが夢のアディソンと、アメフト部に入部するのが夢のゾンビのゼッド

 

アディソンは、豊かだけれど人と違う事を嫌う個性のない町シーブルックに住み、ゼッドはその隣り町で、国から厳しい規制を受けている荒れたゾンビタウンに住んでいる。

 

ある時、ゾンビたちが人間の通う高校への転入を認められたことから、ゼッドは仲間たちとアディソンが通うシーブルック高校へ通う事に。

 

しかし、ゾンビたちのクラスは地下室で、クラブ活動や食堂を使う事は許されず、人間の高校生たちはゾンビたちを拒絶する。

 

そんな中、アディソンとゼッドは出会ってすぐに恋に落ちる。

 

互いのコミュニティは2人の恋を反対するが、2人は力を合わせて偏見や今までの価値観を打ち破ろうと奮闘する。

 

スポンサーリンク

?

ディズニーチャンネル『ゾンビーズ』の感想

 

簡単に言えば、現代社会に起きている人種差別や偏見などをゾンビに置きかえて、そのゾンビである主人公ゼッドが、差別や偏見に対立するのではなく、どうすれば自分たちが受け入れてもらえるかを前向きに考え、努力する姿が描かれています。

 

ただゾンビが迫害を受けるのは人を襲って食べたり、人をゾンビに変えちゃうという害のある存在なヤツだからで、単純に“人と見た目が違う”とか“個性的”だからだなどという理由ではないので、ゾンビに置きかえるのはちょっと違うような気もします。

 

まぁこの作品に出てくるゾンビは人食べないし、内臓グチャドロシーンもありません。ディズニーチャンネルだから当たり前ですね。

 

「Zバンド」なるゾンビの欲望を抑制できる装置のおかげで、みんな見た目はゾンビだけど人間と変わらない生活を送れています。しかもベジタリアン。

 

このバンドが『ウォーキング・デッド』の世界にもあればよかったんですけど。

 

そんな見た目はゾンビ、中身は人間のゼッドと、没個性な町で容姿にある“秘密”を抱えたアディソンは出会ってすぐに恋に落ちます。

 

 アディソンの抱える“秘密”も言わば「人と違う」ことなわけで、アディソンはそれを隠して“普通”のフリをしています。

 

アディソンが住んでいるシーブルックという町がかなり気持ち悪くて、みんなと違う事はよくない事と思われているので、みんなパステルピンクやパステルブルーの服着て、高校ではチアリーダーとアメフト部が人気者というステレオタイプ。町のアイスクリーム屋さんにはバニラ味しかないという気持ち悪さ。

 

 

そんな町の高校に、「普通」とは違うゾンビが転校してきて、しかも受け入れられようとひたむきに努力しているゼッドの姿に心打たれたアディソンはすぐにゼッドのこと好きになっちゃいます。

 

それでもゼッドはやっぱりゾンビだって理由でなかなか受け入れられず、人間たちから嫌がらせされたりするんですが、最後にアディソンが勇気を出し自分の“秘密”を公表して、他者を受け入れる事、人と違う事は悪い事ではない、という事を町のみんなに訴えかけます。

 

そんなアディソンの行動に心打たれたシーブルックの人々は、ゾンビタウンのゾンビたちを受け入れ、交流を持ち仲良く暮らしていく、というディズニーチャンネルらしいハッピーエンドで締めくくられますが・・・。

 

うーん、やっぱり「ゾンビ」を現代社会で起きている「差別や偏見」に例えることに違和感は感じますけど(ゼッドたちも「Zバンド」がなければ人襲っちゃうしね)、子どもたちに「他者を受け入れること」、「ありのままの自分でいい」というこの作品のメッセージを簡単に伝えるにはわかりやすくていいですね。

 

チア部の部長が男の子だったり、チアリーダーにちょっとぽっちゃりさんがいたりと、チア=スリムな女の子という従来の固定概念を覆すキャラクターの存在も、この作品のメッセージを表していますね。

 

ディズニーチャンネルのオリジナルムービーと言えば歌とダンスのミュージカル映画なんですが、『ハイスクール・ミュージカル』や『ディセンダント』などよりもこの作品は断然ダンスが本格的。

 

本気でダンスやってる人が見たらお子ちゃま向きなんだろうけど、チアのシーンやゼッドのヒップホップ風ダンスなどは今までのオリジナルムービーなんかよりレベルが高いです。

 

ダイナミックでインパクト大なチアのシーンは圧巻だし、ヒップホップもいい意味でディズニーらしくないワイルドさが引き込まれました。娘にチアリーディングやらせたくなりましたよ。

 

アディソン役とゼッド役の2人はディズニーアイドル出身ではなく新顔だそう。ちゃんと下積みしたからダンスも歌も上手なのかな。

 

 

ストーリーはザ・王道だし、大人が観てるとゾンビはこんなんじゃねーよ!とツッコみたいところもいっぱいあるけれど、子どもたちに「多様性」の受容をわかりやすく伝えるためにゾンビをこんな感じに描くなんて、と斬新さに感心させられた部分もあり面白かったです。

 

ついつい子どもと一緒に観ちゃうディズニーチャンネル・・・あなどれません。