アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第13話 あらすじ・ネタバレ&感想 タラちゃん大ピンチ

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20180326220203j:plain

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第13話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

 

前回はコチラ。

www.yo-drama.com

 

 

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第13話のあらすじ・ネタバレ

 

サイモン率いる救世主らがヒルトップに到着。マギーはサイモンに「このまま引き返せば捕虜たちも解放する」と持ち掛けるがサイモンは拒否、ダリルの先制攻撃により戦闘が開始。

 

トビンは重傷を負い、タラもドワイトが放った矢が腕をかすめ負傷するも、ヒルトップ側が優勢で、サイモンら救世主は退散。

 

しかし、トビンを始めケガを負ったヒルトップの住民たちが次々にウォーカーになり、仲間たちを襲い始める。

 

そんな中、王国でギャビンを殺した少年ヘンリーはライフルを手に、ひそかに捕虜の囲いに行き中に入り、兄を殺した救世主を探そうとする。すると、捕虜の救世主もウォーカーになり始め、仲間を襲い出す。

 

その騒ぎの中、捕虜の1人がヘンリーからライフルを奪い逃げ出して行き、それに続きグレゴリーや他の捕虜たちも逃げ出すが、中にはヒルトップに残り、協力的な態度を示す捕虜もいた。

 

リックたちは何とかウォーカーになった住民たちを殺し、落ち着きを取り戻す。そしてウォーカーに噛まれていないのに転化した理由は、武器にウォーカーの血をつけるというニーガンの作戦だということに気づき、矢で射られたタラの身を案じる。

 

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第13話の感想

 

シーズン8は夜のシーンが多くて観にくいな・・・。戦闘シーンが主に夜なのでせっかくのドキドキハラハラシーンもめっちゃ目を凝らして観ないといけないので気持ちが冷めちゃう。

 

でも今回はなかなか充実の内容でした。ヒルトップvsサイモン軍団の戦闘シーンもどうなる!?ってドキドキしたし、ニーガンのウォーカー菌感染大作戦も成功でトビンを始めヒルトップの住民の皆さんが次々にウォーカーになっちゃってヒヤヒヤだったし。

 

リックもダリルもキャロルも戦ってて、おお~これぞウォーキング・デッドな回でしたね。リックは相変わらず髪も体もしっとり。まだそんな戦ってないのに。最近乾いているリックを見てないような気がします。もはやウェットが素なのか。

 

そんな中少年ヘンリーは余計なことをしちゃって。王国でギャビンを殺しちゃったのはまだしも、捕虜の囲いの鍵は開けちゃダメでしょ。いくらライフル持ってても救世主たちは大人、簡単に倒されるのは目に見えてます。

 

その後ヘンリーは行方不明で、まあ自業自得とはいえ心配ですね。でも捕虜の中にもヒルトップ側につくって言ってて信用できそうな人材もいたのでよかったです。

 

モーガンも今回登場してましたが、みんなが必死に救世主と戦っている中、一人ギャビンの幻覚を見ているという相変わらず意味不明な状況でした。いちいちめんどくさいヤローですね。

 

そして心配なのがタラです。負傷したトビンや住民が次々にウォーカー化してしまい、サイモンの放った矢に射られたタラもウォーカーになっちゃうんでしょうか。タラはどすこい体型が少しスッキリしてました。小顔なのにお尻はどっしりしているジェニファー・ラブ・ヒューイットみたいな体型ですね。

 

実はあの矢はタダの矢で~って展開でタラは大丈夫そうな気もしますが、そこは「ウォーキング・デッド」、予測不能にキャラが殺されますからね。

 

そろそろキャラの人員削減が入りそうな気もしますけど。カールが死んだとはいえ、まだまだ人が多すぎだと思います。もうねえ、名前が覚えられない。

 

私、このシーズン8を観るためにシーズン5~7あたりは超特急で観たので、救世主や主要メンバー以外のマイナーキャラはうる覚えなのです。今でもわからなくなってググったり(笑)

 

知った顔が死んじゃうのは悲しいけど、この人名前なんだっけ?って焦ることが減ると思うとちょっと安心しちゃいます。

 

そういえば、ジェイディスに拉致られてたニーガンは登場ナシでしたね。大丈夫かな。でも芸術が爆発しているジェイディスがニーガンに勝てるとも思えないし、愛しのルシールに火をつけられて自暴自棄なニーガンが派手に暴れてカムバックしそうです。サイモン危うし。

 

『ウォーキング・デッド』はHuluにて視聴できます。新規登録で2週間無料視聴できますよ~。