アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Netflix『インスタントホテル』シーズン1を観た感想 家自慢×リアリティショー

f:id:yokosyoko:20190726002416j:plain


Netflix『インスタントホテル』シーズン1を観た感想です。最近マイブームのリアリティー番組です。Netflixはオリジナルドラマよりもリアリティー番組のほうが面白い気がします。

続きを読む

Netflix『ヤミー・マミーズ』シーズン1を見た感想 オーストラリア発セレブ妊婦リアリティショー

f:id:yokosyoko:20190626220535j:plain


『ヤミー・マミーズ』シーズン1を見た感想です。

 

同じNetflixの『セリング・サンセット~ハリウッド、夢の豪華物件~』に続き、前にハマってイッキ見してたんですが、シーズン2が7月に配信されるとのことでおさらいです。

続きを読む

『SUITS/スーツ』シーズン8 第3話 あらすじ・ネタバレ&感想 ハーヴィーのマイク化

f:id:yokosyoko:20190608143412j:plain


『SUITS/スーツ』シーズン8 第3話のあらすじ・ネタバレ&感想です。そろそろキャサリン・ハイグルの『SUITS』入りにも見慣れてきました。好きにはなれないけど。

続きを読む

『SUITS/スーツ』シーズン8 第1話 あらすじ・ネタバレ&感想 マイクの抜けた穴は大きい

f:id:yokosyoko:20190528233105j:plain


『SUITS/スーツ』シーズン8 第1話 あらすじ・ネタバレ&感想です。

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』に気を取られている間にひっそりと新シーズンが始まじまっておりました。

 

続きを読む

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第6話 最終回 あらすじネタバレ&感想 

f:id:yokosyoko:20190520145747p:plain


【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第6話 最終回 あらすじネタバレ&感想です。

続きを読む

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第5話 あらすじネタバレ&感想 絶句…

f:id:yokosyoko:20190513220140j:plain


【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第5話のあらすじネタバレ&感想です。

 

いよいよ残すところあと2話!ミッサンディを殺され、怒りに燃えるデナーリスの動向、ジョンの出自を知り、デナーリスの王としての資質に疑念を持つヴァリスの思惑など、気になることがいっぱい!

続きを読む

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第4話 あらすじネタバレ&感想 女の闘い

f:id:yokosyoko:20190506143034j:plain


【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 第4話のあらすじネタバレ&感想です。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

今回も1時間2,30分ぐらいの拡大版です。途中でトイレに行きたくなって地獄でした。

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第4話 あらすじネタバレ

 

死の軍団との戦いを終えた北部では、ジョラーやシオン、ベリック、リアナ達戦死した者たちを火葬する。

 

その後、勝利を祝う宴でデナーリスは戦いの恩賞としてジェンドリーをバラシオン家の本拠地である嵐の果て城の領主に任命。その勢いでジェンドリーはアリアにプロポーズするも断られる。

 

お祝いムードの中、ジェイミーとブライエニーはとうとう結ばれる。ジョンとデナーリスもいい雰囲気になるもジョンが途中で尻込み。

 

デナーリスは、ジョンの出生の秘密を誰にも言わないようにジョンに懇願。ジョンは「自分は玉座を望まない、君は俺の女王だ」と言いながらも、サンサとアリアには秘密を打ち明けると譲らず、デナーリスは部屋を出て行く。

 

軍議の席で、少しでも早く王都に向かってサーセイを倒したいデナーリスに対し、サンサは死の軍団との戦いで疲れている軍を休ませたいと意見する。

 

それに対しデナーリスは、北部は恩に報いる時を遅らせる気か、休んでいる間に敵は力をつける、と突っぱねてジョンもデナーリスの肩を持つ。

 

そんなジョンをアリアは呼び出し、スターク家の兄妹だけで話し合いをする。デナーリスに忠誠を誓ったと主張するジョンに対し、サンサとアリアは北部を救ってくれたことは一生恩に着るけど、彼女は信用できない、と言う。

 

信用できるのは自分たちスターク家の生き残り4人だけ、と言うサンサとアリアに対し、ジョンは「自分はスタークではない」と言い、サンサとアリアに秘密を洩らさないよう誓わせ、自分の出生の秘密をブランに話させる。

 

しかしサンサは、デナーリスとサンサの関係を良好にしようとしているティリオンに「玉座に就く候補が他にもいるとしたら?」と、ジョンの秘密を漏らしてしまう。ティリオンはその秘密をヴァリスにも話す。

 

ティリオンとジェイミーが二人で酒を飲んでいる所に、二人を狙うブロンが現れる。ティリオンは自分たちがサーセイに勝ったら、ブロンがサーセイから受け取る報酬(リヴァーラン)より高い報酬(ハイガーデン)を与える提案をして、ブロンは立ち去る。

 

ジョンとダヴォスは、北部軍、アンサリードなどの同盟軍を率いて陸路で王都に向かい、デナーリスとグレイワーム率いる小隊は海を渡り王都へ向かう事に。ジェイミーはウィンターフェルに残る。

 

ドラゴンに乗るデナーリスと、グレイワームやティリオン、ヴァリスらが乗る小隊の船が王都に近づいてきたその時、突然ドラゴンの一頭が数本の大きな矢で撃たれ海に落下。

 

そこにはユーロン・グレイジョイの艦隊が待ち構えており、攻撃を受ける。船はバラバラになり、ティリオン、ヴァリス、グレイワームら生き残った者たちは泳いでなんとか岸にたどり着くが、ミッサンディはサーセイのもとに連れ去られる。

 

ドラゴンを一頭殺され、ミッサンディも連れ去られて怒りに燃えるデナーリスは、王都を攻撃しようとするが、それでは罪のない人々が大勢死んでしまい、サーセイの思うつぼだ、とヴァリスは反対。

 

それでも譲らない姿勢のデナーリスにティリオンは、ジョンと同盟軍が王都に到着するまでの間、サーセイに命と引き換えに玉座を降りるよう降伏を要求することを提案。デナーリスはとりあえず承諾する。

 

デナーリスの強固な態度と冷酷な面に不安を覚えるヴァリスは、ジョンの方が玉座にふさわしいのではと考えだす。

 

その頃ウィンターフェルでは、ユーロンの攻撃でドラゴンが死に、ミッサンディが捕らえられたことを知ったジェイミーは、私のそばにいてと懇願するブライエニーを押し切って一人王都へ向かう。

 

王都では、デナーリスとサーセイが城門の上と外で対面。ティリオンとクワイバーンの王の手同士が互いに降伏を要求がどちらも引かず、ティリオンは城門に近づき、直接サーセイに語りかけ、情に訴えかける。

 

しかしサーセイはその場でミッサンディを処刑。デナーリスは怒りに震える。

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第4話の感想

 

死の軍団との戦いでの犠牲者はジョラー、シオン、ベリック、リアナで済んだと思いきや(あ、エドもね)、今度はミッサンディまで・・・。グレイワームと幸せそうにしてた矢先だったからなおさらツラい。

 

サーセイは相変わらず非道。ジェイミーとのお腹の子をユーロンには自分たちの子だっていって、ユーロン舞い上がっちゃってるし。使えるものはなんでも使うのね。

 

デナーリスはドラゴンも1頭亡くしたし、もう怒り心頭ですね。ラストの怒りに震える表情がエミリア・クラーク、名演技でした。

 

ジョンの出生の秘密はデナーリスの願いもむなしく、今回で一気にたくさんの人の知るところになりました。ジョンはサンサとアリアだけに打ち明けましたが、サンサはティリオンに話し、ティリオンはヴァリスに話して。

 

もう、サンサはおしゃべりなんだから~。よほどデナーリスを玉座に就かせたくないのね。軍議でも早く王都に向かいたいデナーリスと、兵を休ませてあげてと提案するサンサがバチバチ。北部助けた恩を早く返せよとハッキリ言っちゃうデナーリス性格悪し。

 

デナーリスは、ジョンが北部でみんなに慕われてるとこ見て不安になったのか、しきりに「アンタが黙ってたら私たちこれからもうまくいくわよ」と出生の秘密を隠させようとしてました。性格悪し。そこまでして玉座につきたいのね。

 

ヴァリスもちょっとコワいですね~。ジョンのほうが王にふさわしい、男だし民衆に受け入れられる、ってティリオンに話してたし。

 

ヴァリスは罪のない民の命を守ることに重きを置いているので、デナーリスの冷酷な部分は受け入れられないみたい。デナーリスが王都を攻撃して罪のない人たちが犠牲になったらヴァリスはデナーリスを消してでもジョンを玉座につかせそうでコワい。

 

ヴァリスの危惧するように、デナーリスの冷酷な部分や玉座につかなくてはという思い込みのようなところも確かに王にふさわしいのか気になりますが、だからといってジョンが王にふさわしいのかもわかりませんけどね。

 

ジョンは優しすぎるような気もするし、王になるには多少の冷酷なところも必要だと思います。

 

サーセイを倒したとしても、デナーリスが玉座を手に入れるのは一筋縄ではいかなさそうです。色々考えたら、最終的に鉄の玉座を手にするのは誰なのか本当にわかりませんね。

 

そうそう、ジェイミーとブライエニーがとうとう♡やっぱりそうなるんですね~。でも実際そうなってしまったら、やっぱり二人はプラトニックな友愛の関係でいてほしかったような気もしてきて複雑。

 

ユーロンの攻撃を受けたことを知って、一人王都に向かおうとするジェイミーに、「stay with me,please.」なんて懇願するブライエニー、あんま見たくなかったかも。

 

そういえば領主に任命されて舞い上がったジェンドリーはアリアにプロポーズ。もちろんアッサリお断り。おバカだね、ジェンドリー。すべての北部の人、すべての視聴者は断られることわかってたよ。

 

さあ、残すところあと2話です。結末が気になって仕方ありませんが、あと2話でもう『ゲーム・オブ・スローンズ』が終わってしまうと思うと残りの2話が来年でもいいような気がしてきます。・・・うーん、やっぱそれは無理。

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第3話 あらすじネタバレ&感想 死闘・死闘・死闘

f:id:yokosyoko:20190429184224j:plain


『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8 最終章のあらすじ・ネタバレ&感想です。

続きを読む

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第2話 あらすじネタバレ&感想 ゾクゾクが止まらない

f:id:yokosyoko:20190422174741j:plain


【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 最終章 第2話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

続きを読む

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第7話 あらすじ・ネタバレ&感想 あの人の最期

f:id:yokosyoko:20190416224341j:plain


『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第7話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

前回はリズの認知症が発覚、ソーニャはうまくいけば釈放、マリーは・・・たいしてなにもなかったような。

続きを読む

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8 第1話 あらすじネタバレ&感想 北に大集合

f:id:yokosyoko:20190415120249j:plain


さあさあ!待ちに待ったこの日がやってまいりましたよ!1年9か月・・・長かった。やっと『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章が始まります。

 

シーズン7の最終回はコチラ。

続きを読む

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第6話 あらすじ・ネタバレ&感想 やっぱりリズ・・・

f:id:yokosyoko:20190415015922j:plain


『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第6話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

続きを読む

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第5話 あらすじ・ネタバレ&感想 リタ、そうなの!?

f:id:yokosyoko:20190412221050j:plain


『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第5話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第5話 あらすじ・ネタバレ

 

脱獄の経路にもなった作業場の再開に、ヴェラはマスコミや世間から非難を浴びる。打開策としてウェントワースにマスコミを招待してのPR活動を計画する。

 

マリーは仲間で右腕のザラと面会。取引の仕事にトラブルがあったと聞き、外と連絡を取るため携帯が必要になりリタに依頼。リタはコスタが持っている携帯を盗み出す。マリーはヴェラを丸め込み、息子の所持品の持ち込みの許可を得て、その中にSIMカードを忍び込ませる。

 

その後、携帯電話がマリーの依頼でリタが盗んだことに気づいたコスタらはリタを襲撃。リタは全員を打ち負かすが、独房送りへ。

 

ジェイクとの子を中絶すべきか思い悩むヴェラだったが、ジェイクが命がけでリズを感電から救ったことで少し心を動かされる。しかし、ジェイクが医務室で看護師と性行為に及んでいる現場を目撃してしまう。

 

ソーニャが広報としてマスコミへのPR活動が行われる。ルーシーやブーマーを使って、ワークショップが囚人たちの更生のために役立っていることを強くアピール。

 

そこへ遅れてきたリズが取材陣からコメントを求められる。虚ろな様子のリズは、「ソーニャはウェントワースの天使」と発言する。

 

ウェントワースにマリーの右腕ザラが収監されてくる。ザラは、取引は罠だった、スパイがいる、とマリーに告げる。

 

一方、取り調べと称して独房から連れ出されるリタ。取調室で刑事は、リタの情報でザラを含むマリーの仲間7人を逮捕できた、と話し、盗聴用のSIMカードを渡してマリーの携帯に仕込むよう指示。そしてリタに「頼んだぞ、刑事」と告げる。

 

ジェイクに怒りと絶望でいっぱいのヴェラは中絶を決意。婦人科医を訪れ、中絶薬を飲む。

 

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6 第5話の感想

 

今回はハデなことは起こらず、それぞれの悩みや迷いがフォーカスされてました。

 

中絶に迷い、ジェイクへの気持ちに思い悩むヴェラ、関わりたくないと思いつつ、マリーの一挙一動が気になってしまうアリー、ファーガソンを生き埋めにした罪悪感に悩み、苦しみからヴェラに打ち明けてしまおうかと迷うジャクソンさんなどなど。

 

マリーは魔性の女ですね。今回初登場の右腕ザラもどうもマリーの恋人っぽかったし、若い小娘囚人も手のひらで転がしてる様子だったし。

 

マリーとアリーの関係も複雑。アリーはマリーが子ども同然だった自分を助けるフリして売春とドラッグ依存に引き込んだと恨んでるし、一方マリーはホームレス同然だったアリーに住むところと愛を与えてやったと思ってるし。

 

どっちの言い分も間違いじゃない気がするし難しいですね。今回アリーが売春もドラッグもすべて自分が選択したこと、マリーのせいじゃないって話して和解ムードだったけど、マリーはウェントワースでも小娘囚人にドラッグを密輸させ、それがアリーに知れてまた信頼失っちゃったけど。

 

そしてビックリしたのが、なんとリタは刑事でした。デカです、デカ。潜入捜査官的な?マリーの密輸組織を一掃するためみたいですが、てっきり麻薬の密輸と思っていたら、どうも人身売買みたい?リタと面会してた仲間の刑事が、少女12人の密輸が・・・って話してたし。

 

麻薬もダメだけど人身売買はもっとタチが悪いですね。アリー、やっぱりマリーを信じちゃダメ!

 

いや、ちょっと待て待て、リタはルビーを助けに来たんじゃ?マイケル・スコフィールド的に。どっちがメインなんでしょう。でもリタよりマリーの方が後から入ってきたけど、マリーがウェントワースに入って来るってわかってたのかな。

 

しかもマリーは密輸絡みで捕まったんじゃなくて医者への暴行罪だし。うーん、時間軸が気になる。

 

相変わらずソーニャが意味不明。ヴェラの指示とはいえ、ワークショップのPR活動に張り切っちゃって。ブーマーのことを知的障害者だってマスコミに伝えてて最低すぎる。

 

ブーマーは純粋にソーニャのこと慕ってるのに、やっぱサイコパスだな。自己中心的で相手の気持ちなんて考えられないほんと不快なオバハンだわ。

 

そんなソーニャのことをなぜか“ウェントワースの天使”なんて例えちゃったリズですが、なんか様子がおかしかったです。トースターにフォークつっこんで感電しそうになったり、日中なのにパジャマにパーカー羽織ってお茶飲んでたり、終始虚ろだったり。とうとう精神崩壊か?

 

精神崩壊といえばジャクソンさん。生き埋め幻覚見すぎでしょ。クリクリのおめめがイちゃってます。ヴェラに打ち明けた方がすっきりしたんじゃないかなぁ。

 

壊れかけのジャクソンさんを何度とフォローするのがジェイクで、仕事代わってあげたり、話聞いてあげたり株を上げてました。

 

体張ってリズを感電から守ったことから、ヴェラの中でも株が上がりかけたんですがそこはジェイク、ツメが甘い。看護師のラドクリフと医務室でヤってるとこバッチリ見られちゃう。

 

心と下半身が別物なのは重々承知だけど、今はガマンの時ですよ。ラドクリフ、結構好きなキャラです。まだ出演してたんだーって感じですが、仕事にも男にもドライな感じとか、色っぽいとことか、ラドクリフって名前の響きもカッコよし。お団子ヘアーの団子のデカさが気になりますが。

 

そんなバカジェイクにまたもや傷つけられたヴェラはとうとう中絶を決意。父親はあのジェイクだし、ヴェラ自身は毒母に育てられ、自分が子育てできる自信ないって感じだったからそうなる予想はしてましたが。そんな状況で産んで一人で育てようと思ったら相当の決意と心の強さが必要ですよね。

 

産んでほしかった、産めばいいのに、とは思ってなかったですが、ヴェラが中絶薬を目の前にして「やっぱり・・・」って考え直すんじゃないかと思ってしまった私。うーん、複雑。