アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Netflix『エイリアニスト』を観た感想 ややネタバレ 

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20180528233936j:plain

Netflixのドラマ『エイリアニスト』を観ました。

 

19世紀末のニューヨークが舞台のサイコスリラーで、全10話のミニシリーズです。

 

「エイリアニスト」とは、“精神病の研究者”のことで、今でいう精神科医や犯罪心理学者のことだそうです。

 

決して宇宙人の研究者や宇宙人オタクのことではありません。

 

「エイリアン(alien)」って「宇宙人」って意味の単語だとばかり思ってましたが、そもそもは「外国の」や「異質の」って意味だったんですね。勉強になります。

 

 

『エイリアニスト』のあらすじ・登場人物

 

あらすじ

舞台は1896年のニューヨーク。

 

橋の上で少年の惨殺死体が発見される。少年は女の恰好をした男娼で、死体の手は切断され、目はくり抜かれていた。

 

精神科医のラズロー・クライズラーは、新聞社で写生の仕事をしている友人のジョン・ムーアに事件現場の写生を指示する。

 

現場の写生とムーアの報告からクライズローは、過去に起きた自分の患者が殺された未解決の殺人事件を思い出し、この事件が連続殺人事件であると断定する。

 

クライズラーとムーアの友人でもあるニューヨーク市警察本部長のセオドア・ルーズベルトは、この連続猟奇事件の解決のためにクライズラーとムーアに事件捜査の許可を出す。

 

ルーズベルトの秘書であり、ニューヨーク市警初の女性職員サラ・ハワード、ユダヤ人刑事のアイザックソン兄弟も加わり、本格的に捜査を始めるが・・・

 

登場人物

f:id:yokosyoko:20180528234032j:plain

ラズロー・クライズラー

 

精神科医。精神疾患を持つ子どもたちの学校で治療にあたってるようだけど、彼自身も辛い過去によりちょっと心に闇抱えてる感じです。

 

演じているのはダニエル・ブリュール。どっかで見たことあるな~と思い出演作を調べるも観たことある作品はなく、気のせいだったもよう。

 

f:id:yokosyoko:20180528234111j:plain

ジョン・ムーア

 

“ニューヨーク・タイムズ”で写生の仕事をしている。記者かと思いきやイラストレーターです。まだ写真より絵の時代なんですね。

 

この人こそどっかで絶対見たことあるルーク・エヴァンズ。『ワイルドスピード』や『美女と野獣』に出演してます。ワイルドめなイケメンで好みの顔ですが残念ながらゲイ・・・。

 

f:id:yokosyoko:20180528234139j:plain

サラ・ハワード

 

ニューヨーク市警初の女性職員。刑事ではなく、ルーズベルト警察本部長の秘書です。彼女もつらい過去を持ち、

 

演じるのはダコタ・ファニングちゃん。『アイ・アム・サム』しか知らないけど立派な女性になってます。うまく言えないけど、独特の雰囲気がこのドラマの時代背景にマッチしてます。

 

この3人がメインキャラですね。ドラマにしてはどう考えても豪華キャストですよね。ダコタ・ファニングがドラマに出てるなんてかなり意外。

 

スポンサーリンク

?

Netflix『エイリアニスト』の感想

 

時代設定が19世紀末なので、『シャーロック・ホームズ』っぽいです。景色も常に曇って薄暗いのでニューヨークというよりまさにロンドンですし。

 

f:id:yokosyoko:20180528234229j:plain

 

衣装やセットも本格的でお金かけてるな~って感じです。さすがに馬車や列車の中のシーンはCGっぽさは否めませんが、街の景色や室内の装飾など、映画ばりのクオリティで映像観てるだけでも引き込まれます。

 

ストーリーは、精神医学や犯罪心理学というのがまだ確立していない時代に、犯罪者を追うのならその犯人の心理に寄り添い、理解しなければならないというようなプロファイリングの先駆け的な感じで、『羊たちの沈黙』や『クリミナル・マインド』が好きな方はハマると思います。

 

連続猟奇殺人が起きるので結構グロめな描写が多いですね。しかも殺されるのが女装した少年男娼なので、そんな退廃的な感じが好き嫌いの別れるところかも。

 

キャラクターは結構魅力的で、なんといってもダコタ・ファニングちゃんがハマり役です。コルセットぎゅうぎゅうですんごいパフスリーブのドレスが化粧っ気のない透明感のあるお顔にマッチしてます。

 

勝手に女の子っぽい役どころが似合うのかなって思ってたけど、性差別にも屈しない、タバコ吸って、ウィスキー飲んでるような力強いキャラも似合ってました。

 

クライズラー役のダニエル・ブリュールもドクターらしい神経質で影があり、心の底が読めないキャラがハマってました。

 

ルーク・エヴァンズはイケメンだけどどっちかというと悪役顔なのに、なんだかんだでクライズラーの言う事聞いて捜査をガッツリ手伝っちゃうお人よしで、薬盛られて大変な目に遭っちゃったり、路地裏でボコられたりとふんだりけったりなキャラを好演?してます。

 

その他脇を固める、絶対途中で殺されると踏んでたアイザックソン兄弟もいい味出して活躍してたし、ルーズベルト本部長を嫌ってて、クライズラーたちの捜査を邪魔する汚職クズ警部のコナーのイヤらしいキャラもよかったです。

 

正直、中盤は本当に淡々と盛り上がることなく進んでいたので、何度も挫折しかけましたが、6話目ぐらいからやっと犯行パターンや犯人像が徐々に明らかになり、ハラハラしたり、先が気になる展開になって来たのでなんとか最後まで観ることができました。

 

とはいえ、スッキリするラストでもなかったし、連続殺人事件の解決に10話もかける必要はないかな~。事件捜査ものって映画でも長くて2時間、ドラマだったら大体1話完結だし。7話か8話ぐらいでいいかも。

 

インターネットや携帯電話がない時代が舞台だから、調べたいものがあればどっか行って分厚い資料読み漁ったり、仲間がピンチになっても携帯で連絡なんてできないから馬車で駆けつけるとか、まどろっこしいことが多くてイライラしちゃいました(笑)

 

DNAなんてもちろん、指紋採取すらまだ確立されてない時代だから捜査にすごい時間かかるだろうし、殺人犯も結構野放しだったんでしょうね。

 

 

シーズン2があるかはわかりませんが、私はたぶん・・・観ないかな^^;