アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

いよいよ放送開始 『SUITS/スーツ』シーズン7 第1話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20180516233802j:plain


いよいよ『SUITS/スーツ』シーズン7の放送がWOWOWで始まりました。

 

『スーツ』と言えば、ハリー王子との結婚式を控えているレイチェルことメーガン・マークル嬢ですよね。

 

シーズン1から観てますが、まさかあのレイチェルがイギリス王室の王子と結婚するなんて!本当にビックリしました。

 

そしてメーガンは女優業を引退したので、このシーズン7が最後の出演となってます。

 

しかも!まさかのマイクもシーズン7で降板するそうで、シーズン8以降は一体どうなってしまうのでしょうか・・・。

 

私は断然ハーヴィー派ですが、マイクは『スーツ』の2枚看板の1人だし、マイクのいない『スーツ』はちょっと寂しいな。。。

 

ジェシカに続き、マイク、レイチェルと『スーツ』の顔であるメンバーがどんどんいなくなるなんて悲しいですね。

 

『SUITS/スーツ』シーズン6のおさらい 

 

シーズン6は、とうとうマイクの経歴詐称がバレてしまい、マイクは刑務所に入り、ピアソン・スペクター・リット事務所はスタッフがどんどん辞め、クライアントからは訴状が次々に届き絶対絶命に。

 

刑務所ではハーヴィーに恨みを持つ囚人からマイクは命を狙われ、ハーヴィーはケイヒルと手を組み、なんとかマイクを刑務所から出そうと奔走。

 

マイク、ハーヴィー、ケイヒルの連係プレーでマイクは無事出所。

 

しかしニセ弁護士のレッテルを貼られたマイクは再就職に難航。なんとかネイサンのリーガルクリニックで働かせてもらえることに。マイクは弁護士ではなく、相談役として働く。

 

マイクを事務所に戻したいハーヴィーは、今度はマイクの弁護士資格を取るために奔走。なんとか弁護士の適正検査の面接にこぎつける。

 

審査委員にマイクを刑務所に入れた検事のギプスがいてピンチに陥るが、ジェシカや刑務所のカウンセラージュリウスがマイクの人間性を証明し、ギプスが心を変えてマイクは晴れて本物の弁護士に。

 

てな感じでしたね。あとはルイスの恋愛事情やハーヴィーの厄介なクライアント、ジェシカが事務所を去るなど、色々な問題がありましたが、やっぱりマイクの刑務所行きは衝撃でした。

 

海外ドラマは刑務所ネタが好きですよね。何とか脱獄しようとしたり、誰かを出所させようとしたり。

 

マイクは囚人服シーンが多かったので、シーズン6は全然スタイリッシュなドラマじゃなかった。

 

アメリカの囚人服はダンガリーシャツなの?クリミナルマインドでもリードがダンガリーシャツの囚人服着てたけど。シマシマやオレンジのつなぎじゃないんですね。

 

ハーヴィーにも異変が。いつもオラオラだったハーヴィーがパニック発作起こすようになっちゃってセラピーまで受けることに。

 

マイクがいなくなったり、事務所がピンチに陥ったり、ジェシカも去って、思っていたよりダメージを受けたんですね。

 

ハーヴィーも人間だったんですね。そんな弱くなったハーヴィーも好き。

 

でも最後にはマイクも事務所に戻ってきそうだし、ハーヴィーも復活してまた2人のシュッとした姿が見られそうです。

 

 

スポンサーリンク

?

『SUITS/スーツ』シーズン7 第1話 あらすじ・ネタバレ

 

晴れて弁護士資格を手に入れたマイクは、ハーヴィーの申し出を受け入れてピアソン・スペクター・リット法律事務所に戻ることに。

 

マイクは戻る条件として、プロボノ(無料弁護)を受けること、案件によってはネイサンの事務所と提携しての弁護をしてもいいという条件をハーヴィーに提示。ネイサンにも事情を説明し、ネイサンの事務所を辞める。

 

ハーヴィーは、セラピストのパウラを口説きデートの約束を取り付ける。

 

仕事ではジェシカのクライアントだったスティルマンの依頼で、スティルマンのウォッカ事業の売却の案件にマイクと取り掛かる。

 

ドナはハーヴィーに、シニアパートナーになりたい、と申し出る。戸惑うハーヴィーは、ルイスにも相談しないといけないし、とりあえず考えておく、と約束。ハーヴィーは自分が事務所のトップになることもルイスに告げれずにいた。

 

タラと別れて精神的にダメージを受けているルイスは、アソシエイトの教育に力を注ごうとするものの、ちょっとしたことでアソシエイトに暴言を浴びせる。

 

それを見たレイチェルはルイスを心配し、ドナに相談。ドナはルイスに、アソシエイトのことはレイチェルに任せれば、と提案。

 

するとルイスは怒り狂い、ドナにも暴言を浴びせ、レイチェルにも怒りをぶつける。

 

ドナを見下す発言をしたルイスを何とかするにはやはりシニアパートナーになるしかないと考えたドナは、50万ドルの小切手をハーヴィーに渡し、本気であること、ルイスの問題を伝える。

 

ハーヴィーはドナとルイスの問題を抱えながらアガードとデートするが、心ここにあらずでアガードを怒らせてしまう。

 

そんな中、順調に進んでいたスティルマンの案件で、スティルマンの会社がウォッカのレシピを盗んで訴えられかけているという事が発覚。

 

詐欺の片棒を担がされかけた、とマイクはハーヴィーに何とかするよう迫り、ハーヴィーはスティルマンに会いに行くが、スティルマンは売却をやめるのなら事務所との契約をやめる、そうなれば事務所とハーヴィーの信用が落ちることになる、と脅す。

 

何もせず事務所に戻ってきたハーヴィーにマイクは、ジェシカの影を追わず、ハーヴィーは昔のように自分のやりたいようにやればいい、と活を入れる。

 

自分を取り戻したハーヴィーは、脅しに屈せずスティルマンを納得させて問題を解決。ドナのシニアパートナーの件も承諾し、ルイスにも自分が事務所のトップになることをきっぱりと告げる。

 

自分の言動を反省したルイスはレイチェルに謝罪。アソシエイトの教育係をレイチェルに託す。

 

 

『SUITS/スーツ』シーズン7 第1話の感想

ハーヴィーはいつ見てもカッコいいな~。

 

ジェシカが辞めて、マイクの無資格の件で事務所が傾き、自分がトップに立たないといけないプレッシャーから追い詰められていたハーヴィーでしたが、マイクの言葉でやっと弱気モードから自分を取り戻しました。

 

昔はワンマンで情がなく、カッコいいけどちょっとな~ってとこもありましたが、今は本当にステキ。

 

ドナのシニアパートナーになりたいってのはかなりビックリ。スーパー秘書だし、ドナがいないとハーヴィーも事務所も回らないのはわかるけど、秘書がシニアパートナーって現実にあるんでしょうか。

 

しかもドナ、50万ドルも出せるお金があるのね。給料いくらもらってるんでしょう。スゴそう。ハーヴィーのポケットマネーからも支払われてる、みたいなこと言ってた気もするし、ハーヴィーの給料もすごいんでしょうね。

 

マイクは晴れて本物の弁護士になって活動開始です。プロボノやりたいっていってるけど、結局ハーヴィーに振り回されて大企業の案件ばっかりやらされそうですけど。

 

それでハーヴィーとぶつかって、もっと人助けがしたい、とかいっちゃって事務所を辞めて降板の運びになる・・・とか勝手な予想を立てたり。

 

今回のルイスの荒れっぷりもすごかったです。ルイスは憎めないけど、ややこしいときはほんと憎らしい。人を傷つける発言してる時の顔が本当に憎らしい顔してる。

 

ルイスはあの逆ギレみたいな悪いクセ直した方がいいですね。タラと別れることになったのも、嘘ついてたってこともあるけど、逆上して暴言吐いたのたのが原因だと思うし。

 

でも他の男の子を自分の子どもとして育てるって言ってくれた人を留守電一本で振るのもどうかと思いますけど。

 

ラストでタラに電話してたし、元サヤって可能性もゼロではなさそうですけどね。

 

そしてハーヴィーにも恋愛ネタが。セラピストのアガードとデートすることに。デート自体はハーヴィーが問題抱えすぎて失敗したんですが、ラストでアガードの家まで会いに行ってキスしてました。

 

やめてーーうまくいかないでーー。ハーヴィーに恋愛ネタはいりません。アガードも言ってましたが、患者がセラピストに恋愛感情を抱いてしまうってことはよくあるみたいなのでそれじゃないですかねー。

 

シーズン6はマイクが刑務所にいたり、刑務所出てからも他の職についたりしてて、ハラハラさせられて面白かったですけど、スタイリッシュでイケイケな『スーツ』らしさはあまり感じられなかったので、今シーズンは以前の『スーツ』らしさを楽しみたいですね。