アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Netflix『THE SINNERー記憶を埋める女』を観た感想 ややネタバレ 重めのミステリードラマ

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20171124213540j:plain

Netflix『THE SINNERー記憶を埋める女』観てみました。全8話完結のミニシリーズです。主演はジェシカ・ビール。最近映画俳優がドラマ界に進出し、主演と製作総指揮を兼ねた作品というのが増えてきましたね。このブログでも紹介した『ビッグ・リトル・ライズ』もあのニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーンが主演・製作総指揮してます。

 

 

www.yo-drama.com

 

映画のように決められた時間の枠にまとめられたストーリーより内容が濃く、シーズンが長々続くTVドラマより観始めやすいのでミニシリーズはいいです。気合でイッキ見もできるし、普通のドラマのように1話ずつ観てもいいし。

 

Netflix『THE SINNERー記憶を埋める女』のあらすじ

夫と息子と暮らす普通の主婦コーラ。少しマザコン気味な夫と過干渉気味な姑に不満を抱きつつも平凡で幸せな生活を送っている。

 

ある日、コーラは夫と息子とともに湖畔のビーチへ遊びに行く。そこで近くに座っていたカップルが音楽を流したことをきっかけに、コーラはそのカップルの青年フランキーを何かに取り憑かれたかのように、持っていた果物ナイフでメッタ刺しにして殺してしまう。

 

逮捕されたコーラは素直に犯行を認めるものの、動機に関しては自分でもわからないと口を閉ざす。警察は自供もあるので衝動殺人で簡単に処理しようとするが、刑事のハリーだけはコーラがフランキーを殺した理由を探ろうと動き出す。

 

ハリーが捜査を進めていくにつれ、コーラの失われていた過去が明らかになっていく・・・

 

Netflix『THE SINNERー記憶を埋める女』の登場人物

f:id:yokosyoko:20171124195620p:plain

主人公のコーラ。

 

演じるはジェシカ・ビール。海外セレブが取り上げられるファッション誌やゴシップ誌ではよく見かけますが、出演作品は初めて観ました。

 

キレイな人ですが、パーツが大ぶりな顔の人は好みでなく・・・(ジュリア・ロバーツとかアンジェリーナ・ジョリーとか)。しかし、スッピンメイクで迫真の演技です。大ぶりな顔の女優さんはゴージャスな役柄しか似合わないかなと思っていましたが、ジェシカ・ビールはこの薄幸な主婦役に意外とはまっておりました。

 

 

f:id:yokosyoko:20171124200448p:plain

コーラの夫、メイソン。

 

自分の母親に強く言えないちょいマザコン夫です。でも、嫁が突然殺人犯になって最初は戸惑いながらも、嫁の過去を受け入れて最後は支える良き夫です。

 

演じるはクリストファー・アボット。ドラマ『GIRLS/ガールズ』に出演しているそうです。ウェッティなカーリーヘアが『ゲームオブスローンズ』のキット・ハリントン風味があるようなないような。

 

f:id:yokosyoko:20171124202338p:plain

コーラの過去を追う刑事のハリー。

 

妻と別居中ながらも、女王様とSMプレイに興じるドMな刑事です。そんな設定いらんけど。少し強引なところもありますが、刑事としての捜査能力は高め。

 

演じるはベテラン俳優、ビル・プルマン『めぐり逢えたら』『インデぺンデンスデイ』など90年代の映画でよく見かけた俳優さんですね。めっちゃ老けててビックリ。

 

 

スポンサーリンク

?

Netflix『THE SINNERー記憶を埋める女』の感想

第1話の冒頭は主人公コーラと家族のなんの変哲もない日常から始まりますが、その段階でなんだか重く暗い雰囲気が醸し出されています。そう思っていたら、突然コーラがビーチで青年をメッタ刺しという突拍子もない展開。あらすじ見てたのでコーラが殺人を犯すのはわかっていましたが、え?もう?今なの⁉って感じです。

 

そこからはもう、なぜコーラは青年を殺したのか、コーラの抱える過去ってなんなのか、疑問が膨らんで膨らんで早く先が観たい、知りたい気持ちでいっぱいになります。

 

とにかくコーラの人生は不幸続き。母親は最近流行りの毒母で、コーラの妹が病気なのはコーラのせい、とコーラに毎日神に祈りを捧げるよう言います。妹の病気がよくならないのはコーラの祈りが足りないからと責め、チョコを食べるのを禁じたり、性についてのことが載っている雑誌を持っていたことを責め、苦行を強いたりします。信仰もここまでくると病気ですね。

 

成長して仕事も始めるコーラですが、病気で母親からもはや監禁状態の妹の世話や相手をして自分を犠牲にし続けています。そんな中恋に落ち、初体験を捧げた男もかなりのクズ男で・・・。

 

そんな不幸な過去が少しずつ明らかになり、その過去が殺人とどう関係していくのかが見どころです。コーラの不幸続きな過去、常に暗く重い雰囲気と観ているこっちのどんよりしますが、小出しに明らかになっていく事実にどんどん引き込まれていきます。

 

ジェシカ・ビールの迫真の演技も見ものです。おっぱいポロリとかはないですが、なかなかエロティックで大胆なシーンもこなしています。お尻ぐらいは出てたかな。さすが映画女優さんは脱ぎっぷりがいい。ただ年齢設定が少し若めなのか、過去のシーンがちょっと微妙。元々若く見えはしない女優さんだと思うので、20代前半のシーンはちょっと厳しいかな。

 

あと、ビル・プルマン演じる刑事ハリーのSMシーンは本当に必要なし!2話に1回ぐらいの割合で挟まれるSMシーンなんですが、ハリーもたるんだオッサンだし、相手の女王様も小太りのオバサンでサービスシーンというよりもはや罰ゲームです。

 

ハリーのドMっぷりは別居中の奥さんには口が裂けても言えない秘密で、そんな秘密を抱えたハリーだからこそコーラに共感し、衝動殺人で片づけることなく捜査したんだと思いますが、もっと他の秘密でよかったんじゃね?せめてドラッグ依存やアルコール依存の過去とかさ。

 

終始不幸で、重い雰囲気なので結末が後味悪かったら救いようないなーと思っていましたが、最後はキレイにまとまり、ハッピーエンドなほうだった思います。のっけから殺人犯しといてハッピーエンドってのもおかしいですが。

 

Netflixのオリジナル作品はほんとクオリティーの高い作品が多いです。huluの方が好きなドラマが配信されているのでよく観ていますが、最近はNetflixのオリジナル作品に気になるのが多いかもです。

 

同じくNetflixオリジナルの『またの名をグレイス』という作品も重くて暗ーい雰囲気でかなり気になります。FBIのプロファイリングの誕生を描いた『マインドハンター』もまだ途中までしか観れてないし。

 

観たい作品が多すぎて時間が足りない~。