アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第4話 あらすじ・ネタバレ&感想 運がいい男です

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20171113215000j:plain

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第4話のあらすじ・ネタバレ&感想です。前回のラストで王国チームがかなりやられたっぽいですが大丈夫でしょうか。

 

以下、ネタバレです。

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第4話のあらすじ・ネタバレ

 

救世主の攻撃により王国チームは壊滅。生き残ったエゼキエルはウォーカーになった仲間に襲われるが生き残った側近に助けられる。しかしその側近も救世主の1人に殺され、エゼキエルはその救世主の1人に捕まってしまう。

 

救世主に連れ回されるエゼキエル。あわや殺されるという時にまたもや生き残っていた側近に助けられる。しかしウォーカーになった仲間たちが迫ってきてエゼキエル達は鍵の掛かったフェンスに追い詰められる。

 

1人救世主のアジトの中に偵察に行っていたキャロルは難を逃れる。キャロルはアジトの中から武器を運びだす救世主たちの跡をつけ様子をうかがう。武器を車に積む救世主たちと銃撃戦になり救世主たちを追い詰めるが、そんな時フェンスの向こうのエゼキエル達を見つける。一瞬悩むがエゼキエルを助けに行き、その間に救世主らは武器を積んだ車で逃げ去ってしまう。

 

武器を積んだ救世主の車は「聖域」に向かおうとしているが、そこへバイクに乗ったダリルと車に乗ったリックが追ってくる。ダリルとリックの連係プレーにより、車を道の脇に突き落として武器の運搬の阻止に成功。

 

森へ逃げたキャロルとエゼキエルたち。しかしウォーカーに囲まれ、ケガを負っているエゼキエルはキャロルと側近に自分を置いて逃げるよう促す。しかし側近はそれを拒み、ウォーカーが迫って来て絶体絶命に。そんな時シヴァが現れ、ウォーカーを倒してくれるがあっという間にシヴァもウォーカーに囲まれ、食われてしまう。その隙に3人は無事逃げ出し、王国へ戻る。

 

スポンサーリンク

?

『ウォーキング・デッド』シーズン8 第4話の感想

 

エゼキエルは生命力が強い・・・いや、運がいいな。ヤバい、死ぬって思いきや絶対誰かが助けてくれてます。みんながなんであんなにエゼキエルを「陛下」とか言っちゃって崇め奉ってるのかがよくわからないです。そんなスゲー人なの?運がいいだけのような。戦いに出る前のシーンで、王国の人々はエゼキエルのクサい演説を真剣に聞いてましたけど、どう見てもサムいよ。キャロルだけはビミョーなまなざしで見てたのがウケました。

 

エゼキエルは今回死ぬな・・・と思って観てたから途中からやや同情気味でしたが、最後のほうでやっぱ死なんな、と思うといつも通りウザい存在に。別に死んでほしいとまで思うほどキライなわけじゃないんですが。うーん、なんだろうこの気持ち。

 

シヴァの死は涙ですね・・・。動物と子どもは殺しちゃいかんです。あんなデカいトラさん食べちゃうなんてウォーカー強すぎじゃないですか。前も馬をカンタンに食べちゃってたし。象でも食べてしまいそうな勢いですね。でもシヴァの動きがCG丸出しでなんか少しシラケちゃいました。もうちょっとなめらかな動きにできなかったんでしょうか。

 

しかしキャロルはなぜにあんなに強いんでしょう。武器を運ぶ救世主との銃撃戦なんてアクション映画のヒーローさながらでした。ただの主婦だったんでしょ。私もただの主婦ですが、あの世界で生きなきゃならなくなったらキャロルみたいになれるんでしょうか。いや、無理だな。あたししゃ即死ですわ。

 

今回はハラハラシーンも多く、見ごたえがあったと思います。エゼキエルには騙されたけど。兵士たちがほぼ全滅な王国は今後が心配ですね。そしてそろそろゲイブリエルの安否を知らせてほしいところです。リックとダリルのシーンももっと観たいですね。エゼキエルにはもー飽きた。

 

『ウォーキング・デッド』はhuluで視聴できます。