アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『STAR 夢の代償』シーズン1 第9話 あらすじ・ネタバレ&感想 ちょっと面白くなってきたけど

スポンサーリンク

 

f:id:yokosyoko:20170910001002j:plain

『STAR 夢の代償』シーズン1 第9話のあらすじ・ネタバレ&感想です。前回までは音楽以外の問題ばっかりでしたが、今回はどうなるんでしょうか。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

『STAR 夢の代償』シーズン1 第8話のあらすじ・ネタバレ

グループを脱退すると宣言したスターはハンターの家に居座る。電話に出ないスターにシモーネとアレクサンドラはハンターの家まで会いに行くが、スターは二人がエバの加入に反対しなかったと腹を立て、2人の言い分に聞く耳を持たない態度なので、シモーネらは呆れて帰ってしまう。

 

牧師の件で揉めたコットンは家を出て、ジャヒルの知り合いの家に居候することになる。エリオットとの交際は順調だが、今でも客を取っているコットンにエリオットは自分も客の1人かと心配しているため、コットンはもう客は取らないと約束する。

 

オーティス殺しの犯人を追う警察はとうとうシモーネの居場所を突き止め、カルロッタの美容院に児童保護局のフィリップスとともにやって来る。店内は混乱し、シモーネは警察に連れて行かれてしまう。

 

警察でフィリップスと話すシモーネ。オーティスの事を聞かれ、シモーネは自分がカルロッタの銃で殺した、と自白する。

 

荷物を取りに戻ったスターはシモーネは警察に連れて行かれたことを知らされ、刑事に事情聴取される。店の家宅捜索が進み、隠していた銃が見つかってカルロッタはオーティス殺害の容疑で連行される。カルロッタは取り調べを受けるがしらを切り続ける。

 

警察署に行きフィリップスに会ったスターは、フィリップスを責める。フィリップスはシモーネがオーティス殺害を自白したとスターに告げる。

 

スターは警察署で刑事にシモーネは殺していない、やったのは私、と言う。刑事は、3人ともたいしたもんだ、と言い、弾道検査の結果カルロッタの銃は未発砲で、銃弾も一致していないと話す。

 

シモーネが無実だと分かり、スターはシモーネと会う事ができ、カルロッタも無事釈放される事となる。フィリップスはカルロッタがシモーネの一時保護権を持つよう申請したと言う。

 

コットンが客の車で家に帰ると、家の前でエリオットが花束を持って待っていた。客を取るのはやめると言っていたのに、と責めるエリオットにコットンは手術費用を稼ぐのにはこれしかない、と言い返す。去って行こうとするエリオットを引き止めようとするコットンにエリオットは、結局君は好きでやっているんだ、と言い放ち去っていった。

 

エリオットにフラれ、部屋で泣いているコットンのもとにカルロッタが訪ねてくる。和解を求めるカルロッタにコットンは、ママは私を恥じてる、と言う。カルロッタは客を取るコットンに心を痛めていると伝えるが、コットンは、身が裂ける思いでやっている、12歳のときから、と言い、カルロッタを追い出す。

 

家の屋上でマリファナを吸っているシモーネのところにアレクサンドラがやってきて、音楽祭で歌おう、とアレクサンドラが書いた歌詞を渡す。シモーネは一人その曲を歌い出す。

 

家に着いたカルロッタは車の中で過去を回想する。妊娠して中絶費用が必要だった若き日のカルロッタは強盗をするが失敗し逮捕される。刑務所内で出産するが我が子とはすぐに引き離されてしまう。数年後出所し、迎えにきたスターたちの母メアリーに連れてこられたアーノルド(コットン)を初めて抱きしめるのだった。

 

スターは夜中にジャヒルの家を突然訪れる。つかみ合いのケンカになるエバとスター。ジャヒルが慌てて止める。スターは問題は音楽祭じゃない、私のグループだ、と言い、エバかスターかとジャヒルに選択を迫る。

 

少し間があり、ジャヒルはエバ、と言い勝ち誇った顔になるエバ。しかしジャヒルはその後にスターを選ぶ、と言う。今度はスターが勝ち誇った顔になり家を出て行くのだった。

 

p style="text-align: center; font-size: 70%;">スポンサーリンク

?

『STAR 夢の代償』シーズン1 第9話の感想

色んな問題撒きすぎて音楽祭どころじゃないですよね~。ヘタしたらシーズン1は音楽祭の結果わからないんじゃないですか。デレクの問題の解決してないし、コットンとカルロッタもこじれたまんまだし、オーティス殺しも警察なこのまま黙ったままなわけないだろうし。

 

最近定番のシリアスシーンでねじ込まれる妄想ミュージカルシーンも暖かい目で観られるようになりました。今回は警察署に連れて行かれたシモーネが考え事をしているようなシーンで、刑務所で歌うガールズ(とカルロッタ)のミュージカルシーンが挿入されてました。

 

コットンは本当にかわいそうです。いかがわしい仕事してたのは知ってましたがまさか客取ってたなんて。しかも12歳の時から・・・客取ってることに心痛めてたんだったらなんとかやめさせようとすればよかったのに。難しいんだろうけど早く女のコットンを受け入れてあげて欲しいです。

 

エバとスターのキャットファイトはかなり笑えました。髪の毛掴んで「淫売!」って言い合うんですけど。そしてエバのドヤ顔が面白すぎ。その後のジャヒルがスターを選んだ時のエバぼ「えぇ?!」って顔も、スターのドヤ顔のお返しもコントみたい。

 

エバはジャヒルがオーティスの死体の遺棄を手伝ってたんでエバを敵に回しちゃうとマズいんじゃないですかね。腹黒いビッチは何しでかすかわかりませんから。

 

音楽の事はあんまり期待しないで、普通のドラマだと思って楽しんでいこうかな。