アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『STAR 夢の代償』シーズン1 第7話 あらすじ・ネタバレ&感想 音楽シーン少なめ・・・

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170825192557j:plain

photo credit:FOX

『STAR 夢の代償』シーズン1 第7話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

 

 

『STAR 夢の代償』シーズン1 第6話のあらすじ・ネタバレ

警官に射殺されたダニエルの葬儀の後、デレクは撃った警官の起訴を求めて抗議集会を行うと言い出し、アレクサンドラに抗議集会で歌って欲しいと頼みます。

 

アレクサンドラとシモーネは抗議集会で歌う曲作りをしますが、スターは目立ちたがり屋でしかも白人だからと仲間に入れてもらえず疎外感を募らせます。

 

エバが英語を話せることを知ったジャヒルはエバを問い詰めると、エバは歌手になりたくて計画的にジャヒルに近づいたと告白し、再びジャヒルを誘惑します。ジャヒルはその誘いに乗ります。

 

ハンターの母親アーリーンはジャヒルがオーティスを埋めたことを知っていて、スターを早く何とかしろと脅してきます。それに対抗するため、ジャヒルは刑務所にいるハンターの父親に会いに行き、アーリーンの弱みを握ろうともくろみます。

 

曲が完成したアレクサンドラは、出だしはスターの声が合う、と一緒に歌うようスターを誘います。スターはハンターに呼ばれているから集会の前の練習までには戻ると言って出かけます。

 

エバは、元気がないスターを旅行に誘うようハンターにアドバイスし、ハンターはアドバイス通りスターを誘い出します。行先を告げられず、車で眠ってしまったスターは遠くに連れ出されていることに気づき、ハンターとケンカになります。

 

スターの座を狙っているエバは、スターがいない隙にアレクサンドラとシモーネに近づき、スターの代役をすると申し出ます。

 

抗議集会が始まり、スターはなんとか町に戻ってきましたが、歌はすでに始まっていてそこには自分の代わりに歌っているエバの姿が。怒ったスターはその場を去ります。

 

警察はダニエルを撃った警官を起訴ではなく、有給停職処分ににすると発表し、それを聞いていた集会の参加者の数人が警官を襲い始めます。デレクが止めに入り警官を助けますが、デレクが襲っていると間違えられ逮捕されてしまいます。

 

ジャヒルはアーリーンの家に行き、ハンターがドーピングしていることをネタに、あんたとは手を切る、とアーリーンに告げます。

 

デレクを心配するアレクサンドラは家を抜け出し車に乗ってデレクを迎えに行こうとします。車を走らせていると途中でパトカーに止められ、アレクサンドラはいきなり逮捕されてしまいます。

 

その頃、埋められたオーティスの死体が見つかってしまい・・・

 

スポンサーリンク

?

『STAR 夢の代償』シーズン1 第7話の感想

音楽シーン少なっ!社会派ドラマですやん。夢を追いかける少女たちのサクセスストーリーかと思いきや、虐待あり、殺人あり、人種問題ありとなかなか重たい状況です。海外ドラマではよくこういった社会問題を取り入れてくるので、勉強になるなとは思っていたんですが、ちょっと今回は時間を割きすぎなような・・ここまでくると白人のスターをビッチな主役にしたことに違う意図を感じてしまいます。

 

ビッチといえばエバもなかなかのビッチですね~。歌手になりたくてジャヒルに近づいたなんて。しかも巧妙な作戦でスターの代役に収まります。でもどうやってジャヒルが音楽プロデューサーだってことを知ったんでしょうか。人身売買されそうになってたのになあ。

 

捕まってしまったデレクも心配です。ダニエルのことがあって黒人側はもちろん白人側の警官たちもピリピリしている状況なので。アレクサンドラもいきなり捕まってしまったけどなんでなんだろ。アレクサンドラは抗議集会でそこにいた警官を挑発?するような行為をしていたのでその腹いせでしょうか。

 

終盤、ミュージカル調の歌のシーンを入れてきたんですが(カルロッタの妄想みたいな?)それも無理矢理感が否めない。ちょっと今回歌のシーン少ないし入れとこか、みたいな。しかもなぜかダニエルがガールズに混じって歌ってるし(笑)そしてダニエルのダンスが予想外にキレッキレで(笑)笑っちゃいけないシーンなのに。

 

ちょっと思っていたドラマとは違う運びになってはきてますが、ある意味今後の展開が気になるので観続けようとは思います。でももう少しガールズの歌が聞きたいな~。