アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

トルコ発『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』を観た感想 実写版『夢の雫、黄金の鳥籠』なのか

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170810234415j:plain

Huluで配信中の『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』を視聴しました。COMING
 SOON状態の時から気になっていたこのドラマ、オスマン帝国が舞台というだけにトルコで製作されたドラマです。トルコって実は世界第2位のドラマ輸出大国らしいです。主な輸出先が中東やアラブ諸国なので、日本ではまだまだ馴染みがないですが。

 

サブタイトルが「愛と欲望のハレム」ってちょっと安いポルノ映画っぽくていただけないですが主婦が好物のドロドロドラマには間違いなさそうなので張り切っての視聴です。

 

 

 

『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』ってどんなドラマ?

 

トルコを中心に東地中海を支配したオスマン帝国の第10代皇帝スレイマン。世界的に“スレイマン大帝”の名で知られている彼のハレム(後宮)に、奴隷として献上されたアレクサンドラ (後のヒュッレム)。彼女のハレム入りをきっかけに巻き起こる、スレイマンの寵愛をめぐる女性たちの苛烈な闘争劇を描いた宮廷ドラマ。

引用元:チャンネル銀河

 

 簡単に言えば、トルコ版『大奥』って感じですね。オスマン帝国ってヨーロッパや中国などと違って世界史の授業でしか聞いたことないぐらい日本人には馴染みがないですが、『大奥』と思えばとっつきやすいかもです。

 

簡単なストーリーは、

ルテニア(ウクライナ)の村に住むの司祭の娘、アレクサンドラは村がタタール人の襲撃にあい、家族と恋人を殺され奴隷としてさらわれオスマン帝国に売られしまいます。そしてオスマン帝国の皇帝スレイマンのハレムに奴隷として献上され、ハレムでの生活が始まりますがすべてのことに反発します。しかし、スレイマンの寵愛を得て男児を産めば、ハレムで絶対的な権力を得て生き残れることを学び、アレクサンドラは寵妃となるべく動き出すのでした。

 

『夢の雫、黄金の鳥籠』とは

オスマン帝国、スレイマンと聞いてまず私の頭に浮かんだのは、篠原千絵のマンガ『夢の雫、黄金の鳥籠』です。こちらもオスマン帝国が舞台の、スレイマンとヒュッレム(アレクサンドラ)に焦点を当てたマンガです。ストーリーは全く同じ、スレイマンのハレムに献上されたアレクサンドラが寵愛を得てのし上がっていくストーリーです。篠原千絵は『天は赤い河のほとり』という古代ヒッタイトが舞台のマンガも描いていて、トルコが好きみたいですね。

 

『天は赤い河のほとり』は全28巻で完結しており、古代ヒッタイトの皇子と、古代ヒッタイトにタイムスリップした少女が時空を超えて恋に落ちるという、なんとも乙女心をくすぐるストーリーで、乙女でない私もハマって全巻読みました。創作と史実がうまくミックスされてとても面白かったです。

興味のある方はコチラ。

 ☟☟

話はそれましたが、そんな『天は赤い河のほとり』の作者が描く『夢の雫、黄金の鳥籠』が面白くないわけない!と、もちろんこちらも愛読しております。そんなことから『オスマン帝国外伝』にも興味が湧いたわけですね。

 

スポンサーリンク

?

『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』第1話を観た感想と『夢の雫、黄金の鳥籠』との違い

まず、『オスマン帝国外伝』の第1話を観た感想ですが・・・アレクサンドラ、気が強!びっくり気が強い。奴隷として売られ、オスマン帝国に向かう船の中でも他の売られた女の子たちは恐怖と諦めでおとなしくしているのですが、アレクサンドラは違う。ギャーギャーわめくわ、奴隷商人にオスマン人の作った飯なんか食えっかと暴言吐くわ、最後には殺してくれーって泣き叫ぶわ。奴隷商人もやや引き気味。

f:id:yokosyoko:20170810233926p:plain

微笑みも性格悪そう

 

ハレムに着いてもアレクサンドラのヒステリーは止まりません。女官にもギャーギャー、スレイマン皇帝の母后にまでたしなめられる始末。しかし、ある女官からわめくよりスレイマンの寵愛を得て男児を産めば人生バラ色よ的なこと言われ、急にクールダウン。心を入れ替え、チャチャッとスレイマンの目に留まるよう自己アピールを開始します。

 

第1話の段階では全然ドロドロしたところはないのですが、なんせスレイマン寵愛を得たい女子が山ほどいて、しかもスレイマンには皇子を生んだ妃がいて、ややこしそうな母后もいるしドロドロしないわけなーい!

 

女子のドロドロだけでなく、皇帝の周りにいるオッサン(失礼)たちも政治のほうでドロドロしそうです。スレイマンにはイブラヒムという親友兼側近がいるんですが、彼のスピード出世をねたむオジ様たちがイブラヒムを攻撃してくること間違いなしです。

 

 

『夢の雫、黄金の鳥籠』と比べるとアレクサンドラの性格の描かれ方がまったく違います。『夢の雫~』では比較的おとなしく、芯は強いが黙って運命を受け入れるタイプで悪い言い方をすれば自分を持っていない、感情のわかりにくい印象ですが 『オスマン~』では真逆です。気が強くしたたかで怖いもの知らずのわかりやすいタイプです。個人的には『オスマン~』のアレクサンドラのほうがウザいけど、見ていて面白いかな。一緒にハレムにはいたくないけど(笑)作られているお国柄が出てますね。

 

あと『夢の雫~』では、なんとアレクサンドラとスレイマンの側近イブラヒムが恋に落ちる設定になってます。ここはきっと作者の創作ですよね。『オスマン~』ではむしろ対立するみたいです。史実でも皇后になったアレクサンドラの暗躍でイブラヒムは処刑されてしまうらしいですが。なので『夢の雫~』が今後どういう展開で対立関係に持っていくのかが気になります。

 

そして、出ている俳優陣ですが女性はだいたいキレイどころなのはわかるのですが、男性陣がイケメン設定なのかどうかがわからない。スレイマンとイブラヒムね。二人ともオデコはMだし、ヒゲも胸毛もモジャモジャで男性ホルモン濃い!!年齢設定ももはやナゾ。

f:id:yokosyoko:20170810234019p:plain

イケメン?

最後に気になった点がひとつ。スレイマンの母后のつけまつげ(もしくはエクステ)よ!!わかるけど、わかるけど歴史ドラマにそれはダメじゃないっすか?もちろん女性陣みんなメイクばっちりでそんなわけないやろーって感じですが、つけまつげはやりすぎ。母后が出てきたらまつげばっかり見ちゃいます。ベテラン女優には誰も文句言えなかったのかな。

 

まとめ

まだ第1話しか観ていないのでたいした感想がなかったのですが、歴史好きの方、『大奥』とか女のドロドロした世界がお好きな方にはオススメです。『夢の雫、黄金の鳥籠』ファンの方には、描かれ方が違うのでちょっとイヤかも?でも比較しながら観るのも面白いです。

 

ただ一つ問題が。このドラマ、シーズン1だけでなんと48話あるんです。そしてシーズン4まであり合計311話あるそうです。1シーズン90話を超える時もあります。それをHuluがどこまで配信するかなんですよね。Huluでは8月8日~8月12日まで毎日1話ずつ、以降19日から毎週土曜に5話ずつ配信されるそうです。なんという急ピッチな配信。今のところ配信期限はないので私も気長に観て行こうと思います。

 

気になった方はぜひぜひコチラから。☟☟☟