アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『アメリカンホラーストーリー:体験談』第2話 あらすじ・ネタバレ&感想 ガガ様登場!第2話もビビります

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170808012134j:plain

Hulu(FOXチャンネル)で配信中の『アメリカンホラーストーリー:体験談』第2話のあらすじ・ネタバレ&感想です。第2話もビビりまくりました。

 

 前回はコチラ。


www.yo-drama.com

 

 

『アメリカンホラーストーリー:体験談』第2話 あらすじ・ネタバレ

森に迷い込み、謎のたいまつの男たちに遭遇したシェルビーはそこで怪しげな儀式を目撃します。儀式を指揮っているのはシェルビーが車ではねた女性で、女性は木にくくりつけられた男に豚の頭をかぶせて生贄にしていました。

 

シェルビーは儀式を見ているところがバレて無我夢中で逃げます。すると道路に出ることができ、リーに助けられ病院に運ばれます。シェルビーは一部始終を警察に話しますがまたもや信じてもらえず、薬物検査を受けさせられる始末でした。

 

さすがにマットは引っ越しを考えますが、シェルビーは家を追い出そうとする敵と戦う決意をします。

 

リーは別れた夫に引き取られた娘のフローラを屋敷に呼びます。フローラはプリシラという子が見えると言い出します。夫のメイソンがフローラを迎えに来た時にはフローラはプリシラに人形をあげる、そうしないと皆殺しにされると言い出し、それを聞いたメイソンは激怒してフローラを強引に連れ帰ってしまいます。

 

ある夜マットは電話の音で目覚めます。電話に出ると不気味な人の声が聞こえてきました。しかし電話をよく見ると線が切られていて、声はダイニングの方から聞こえていました。ダイニングに行くと、看護師姿の女が二人、ベッドに寝ている老女を銃で撃ち殺すところを目撃します。マットは警察を呼び、シェルビーやリーも起きてきますが、ダイニングには何もなく、またもや幻覚だと思われてしまいます。

 

フローラと引き離されたリーは禁酒を破り酔っ払います。マットが介抱しているときにシェルビーは窓の外に子どもが立っているのを見つけ、マットを呼びます。その姿はマットにも見え、二人でその子が立っていた場所に行きます。そこは地下の貯蔵庫になっていて、降りてみると人が住んでいた形跡があり、ビデオが残されていました。

 

二人はそのビデオを観ます。そのビデオはある大学教授が撮影したもので、その教授はこの屋敷の過去を語り始めます。その過去とは、看護師の姉妹がこの屋敷で老人ホームを開き、名前の頭文字が、M・U・R・D・E(MURDER/殺人者)の入居者を次々と殺し、壁にそのアルファベットを血文字で書いていたが、最後の「R」の文字が完成する前に姉妹はより邪悪な存在によって捕らえられた、というものでした。そしてそのことを調べるためここに来たと語ります。

 

教授はその邪悪な存在を確かめるため撮影しながら屋敷に入ります。教授が出てこいと叫ぶと何かがカメラに写りますが、ビデオはそこで終わってしまいます。

 

マットは看護師を見たダイニングに行き壁紙を剥がします。するとそこに「MURDE」の文字が出てくるのでした。

 

マットとシェルビーは家の売買をなかったことにしようと銀行と話し合いますが結局なかったことにはできず、お金を取り戻すことはできませんでした。

 

そこにメイソンに黙ってフローラを連れ出してきたリーが戻ってきました。マットはそれは誘拐だ、とリーに言います。シェルビーはメイソンと連絡を取り、なんとか警察には通報しないよう話し合います。そしてメイソンのもとに帰すよう話し、リーを慰めます。

 

シェルビーらがダイニングで宿題をしているフローラのもとに行くと、そこにフローラの姿はありませんでした。三人で家の中や森の中を探します。そして森の中の高い木のてっぺんにフローラの服が吊り下がっているのを見つけるのでした・・・

 

スポンサーリンク

?

『アメリカンホラーストーリー:体験談』第2話 感想

シェルビーが目撃した謎の儀式の中にチラッとですがレディー・ガガが登場しておりました。なんか森の魔女の役らしいですが。前作の『アメリカンホラーストーリー:ホテル』での出演ですっかり女優らしくなっちゃいました。

 

オバちゃんやたいまつ男だけでなく、恐怖の看護師姉妹の登場でますますわからなくなってきました。あの屋敷にはいろんな悪霊がいるってことなのかな?看護師姉妹は『アメホラ』っぽい感じですね。

 

子ども(フローラ)にだけ子どもの霊が見えるって設定はホラー映画でよくありますね。子どもが一人遊びしていると思ってたら霊と友達になってましたーって。そういえば最近観た『死霊館』という映画も古い家に財産はたいて引っ越して来たら悪霊だらけで子どもにだけ霊が見えて、子どもさらわれちゃうっていう激似のストーリーだったなあ。

 

ビデオの中の教授も謎だし、恐怖の看護師姉妹とロアノークの奇怪な事件との繋がりがあるのかもわからないし、謎が深まるばかりです。とりあえず競売相手だったポーク一家はあんまり関係なさそう。ただの気持ち悪い田舎者で終わりそうです。

 

ドキュメンタリータッチの構成はかなり斬新だと思いましたが第2話にしてすっかり違和感なく観れています。むしろ作り手の狙いであろう『ロアノークの悪夢』という番組を観ている錯覚に陥るというのを楽しんでいます。きっとこのドキュメンタリータッチの演出もなにかビックリする展開になるような気がします。うーん、楽しみ。