スポンサーリンク

アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7 第2話 あらすじ・ネタバレ&感想 戦いの末あの人が・・!?

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170729215916j:plain

photo credit:HBO

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7 第2話のあらすじ・ネタバレ&感想です。1週間長かった!待ってましたの第2話です。今回もスピード重視のざっくりあらすじでお届けします。スターチャンネルでの放送が月曜の朝10:00はなかなかリアルタイムでは見づらいっす。

 

前回はコチラ。

 

www.yo-drama.com

 

 

 

ざっくりあらすじ・ネタバレ

  • ドラゴンストーンに戻ったデナーリスは、ヴァリスがこれまでエイリス・ターガリエン、ロバート・バラシオンと次々と王を裏切ってきたことを静かに責め、信用できないと言う。ヴァリスは、自分が従うのは王ではなく民衆であって、盲従を求めるなら私を好きにすればいい、と言う。それを聞いたデナーリスは、ヴァリスを許し、自分が民衆の意に反することを今のようにハッキリ意見するよう誓わせる。

 

  • ドラゴンストーンにメリサンドルが現れ、デナーリスに<長き夜来たる 約束の王子のみが夜明けをもたらす>“という光の王”の予言を伝える。「約束の王子」はデナーリスもしくはジョン・スノウの可能性もあるので、ジョン・スノウを味方につけるべきだと進言し、デナーリスな北の国に使い鴉を送る。

 

  • ジョンはデナーリスからの書を受け取る。サンサは罠かもと疑う。ダヴォスは好意的に見えるといい、会いに行くのは危険すぎるが、亡者を倒せるのは“火”で、死の軍団が迫ってきたら我々だけでは戦えない、と言う。

 

 

  • ウェスタロスに上陸したデナーリスとドラゴンを迎え撃つため、サーセイの参謀クァイバーンはドラゴンをも倒せる特大の弓矢の武器を用意する。

 

  • <知識の城>では、灰麟病に侵されているジョラー・モーモントが治療を受けていた。しかし治る見込みがないとメイスターからさじを投げられる。サムはなんとか治療しようとメイスターに提案してみるがメイスターは聞く耳を持たず、ササムはメイスターに黙って自分の力でジョラーを助けようと「奇病について」という本を見ながら治療する。

 

  • デナーリスに招かれ、ドラゴンストーンにサーセイに復讐したい、オレナ・タイレル、エラリア・サンド、ユーロンに鉄諸島を奪われたヤーラ、シオン・グレイジョイ姉弟が集まり、サーセイから鉄の玉座を奪う作戦を話し合う。

 

  • デナーリスの作戦は、七王国であるドーン軍とタイレル軍で王都を全方向から包囲し、その間グレイ・ワーム率いる穢れなき軍団はラニスター家の本拠地キャスタリーロックを奪取するというものだった。それを聞いた全員がこの作戦を支援するとデナーリスに誓う。

 

  • 王都に向かうアリアは、道中で北の国がボルトンから奪い返されジョンが北の王になったことを知り、北に向かう決意をする。北に向かう途中で行方不明だったダイアウルフのナイメリアに再会するがナイメリアは去ってしまう。

 

  • 北の国ではジョンがサムからドラゴンストーンに大量のドラゴングラスが埋まっているとの情報を受け取り、ドラゴンストーンに行きデナーリスに会う決意をするが、北の王は北にいなければ、とサンサや北の諸侯たちの反対に合う。しかしジョンは、死の軍団から北の国を守る為にドラゴングラスで武器を作り、同盟を結び力を合わせて死の軍団と立ち向かわなければならない、自分の不在は唯一のスタークであるサンサに任せる、と皆を説得する。

 

  • ジョンの出発の時、べイリッシュから話しかけられたジョンは、場違いだ、話すことはない、と苛立ち立ち去ろうとする。するとべイリッシュは、サンサを愛している、と言う。それを聞き激怒したジョンは、サンサに近づいたら俺がお前を殺すと脅す。

 

  • ヤーラ、シオン姉弟とエラリア・サンドはドーン軍を率いるためドーンの本拠地に戻ろうと船で出発している。ヤーラとエラリアがいい雰囲気で戯れていると、突然大きく船が揺れ、ヤーラが船の上に出てみると目の前にはユーロン・グレイジョイ率いる鉄水軍が立ちはだかり、ヤーラたちの船に攻めてくる。激しい戦いになり、エラリアの娘たちは殺され、エラリアは捕まってしまう。ヤーラもユーロンとの激しい戦闘の末捕まってしまい、シオンは姉を助けたければかかってこい、と挑発される。しかしシオンは怖気付き海へ飛び込み逃げてしまう。

スポンサーリンク

?

感想

はあああ・・シオンのバカ!いくらラムジーから受けた仕打ちのトラウマがあるからって、あの場面で逃げたダメでしょ。殺されてでもねーちゃん助けに行って欲しかったです。私てっきりヤーラ死んじゃったのかと思いました。でもこのブログを読んでくださった方からヤーラ生きてますよ、とご指摘を頂き、も一度見返してやっと気付くダメな私。エラリアとともに捕まっちゃったんですね。シオン、せめて早く助けに行ってあげて~。

 

今回も静かに話しが進んでいくのかと思っていたら、終盤に激しい戦いのシーンがあり、これぞゲーム・オブ・スローンズ!って感じでした。でもヤーラとエラリアが捕まりデナーリスにとって前途多難ですね。ヤーラとエラリアがサーセイへの手土産なんでしょう。これをきっかけにユーロンとサーセイが本当に結婚しちゃったりして。意外と有言実行な男なのか。

 

ジョラーは<知識の城>で治療していたんですね。確かに前回<知識の城>のシーンで灰麟病の人の手が出てきて、サムに話しかけてましたがあれがジョラーだったのか。なんだかんだでジョラーは助かりそうな。でもサムがジョラーを治療するシーンはホラー映画でした。灰麟病に侵されている皮膚をナイフで削ぐの。膿とかぐっちょりで・・・

 

ジョンは日に日に王らしくなっててカッコいいです。ちゃんとサンサも立ててあげてほんとステキ。ジョンとデナーリスが会ってどういう展開になるのか見ものです。デナーリスはひざまずかせるわって女王様な上から目線でしたが。ジョンの留守中にベイリッシュが悪さしなければいいんですけど。イヤらしい顔してたしなぁ~

 

相変わらずヴァリスがナゾです。本当にデナーリスの味方なのか。自分は王ではなく民衆に心を尽くす、とかもっともらしいこと言ってたけど最初からうさん臭くてなんか信用できない気もするし、でもデナーリスには鉄の玉座に座って欲しいみたいだし・・人間不信になるこのドラマ、本当に誰も信用できない。そんな事言い出したらオレナ婆もほんとにデナーリス側につくのかとか。でもサーセイを恨んでるからやっぱり復讐を果たすにはデナーリスを支援するしかないかな。

 

今回はミッサンデイとグレイ・ワームのラブシーンがあってキュンキュンしました。ミッサンデイはナイスバディで目の保養。グレイ・ワームがたどたどしくキスするんですが、グレイ・ワームは去勢されてるためそれ以上は進めない。でもミッサンデイが優しくリードして・・・今回唯一のホッとするシーンでした。

 

今回はゲーム・オブ・スローンズらしさが出てましたね。この先の展開にワクワクします。来週もかなり期待大で楽しみです。また1週間先かぁ~

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1~6はHuluで観られます。

シーズン7はAmazonビデオでレンタル、購入できまーす。

コチラ。☟☟