アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Hulu 『僕が教えるアメリカ成功術』シーズン2 第5話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170729221024j:plain

photo credit:HBO

Huluで配信中の『僕が教えるアメリカ成功術』シーズン2 第5話「あぶない関係」のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

あらすじ・ネタバレ

ベンとキャムは“ネアンデルタール”のパーティーに参加します。そこでナンシーの顧客でセントルイスのデパートのバイヤー、キルスティンとクリスティンに出会います。二人はナンシーに“クリスプ”の売り込みを頼みますが、ナンシーは積極的でないため二人は自分たちからキルスティンとクリスティンに近づきます。

 

レネは“ラスタ・モンスタ”の宣伝をNY郊外まで拡大させます。郊外では意外と“ラスタ・モンスタ”は好評ですが、レネはそれよりフラれたデビーとヨリを戻すことで頭がいっぱいで、何とかチャンスをもらおうとデビーの家を訪れます。するとデビーは娘がレズビアンで反対すると家出して帰ってこないと悩んでいました。レネは力になろうとデビーの娘を探し出し、話を聞き家に連れ戻すことに成功し、無事デビーとヨリを戻すことができました。

 

レイチェルは、ドミンゴがランチの約束に30分遅れてきたことにモヤモヤします。友達のルルに相談すると、ドミンゴは売人時間で生きてるから、と言われてさらに複雑な気持ちになります。そしてルルと訪れたパーティーで“ネアンデルタール”のデザイナーのティムと出会い、ティムのロハスな生き方に触れ、生き返った気分になります。

 

ベンとキャムはキャプランも誘い、キルスティンとクリスティンをNYで人気のクラブに連れて行きもてなします。そこで“クリスプ”を売り込もうとしますが、キルスティンとクリスティンはシラケる、と話しをそらしてしまいます。そこにドミンゴが友人を連れてやって来て、その友人が着ている“クリスプ”のパーカーにキルスティンとクリスティンは食いつきます。ひょんなことから“クリスプ”の売り込みは成功し、それをきっかけにベンとドミンゴは和解します。

 

その後ナンシーも合流し、みんなで盛り上がりますがナンシーは疲れたと途中で帰ろうとし、ベンも一緒にタクシーで帰ることになります。車中でベンはナンシーにキスします。ナンシーは一旦は拒みますが、その後ナンシーの方からもキスをして二人は激しく求め合うのでした・・・

 

スポンサーリンク

?

感想

ベンは何をやっとんじゃい!やっぱりナンシーとそういう関係になりましたね~。ナンシーが若い男を求めてるのかと思いきや、ベンもまんざらじゃなかったみたい。ナンシーは整形みたいな顔で全然キレイじゃないし、てゆーか既婚者だし、ベンは“クリスプ”の為に身を売ってるのかしら・・・そんなしたたかな男には見えませんが。まあでもセントルイスのデパートには商品置いてもらえそうだし、ひとまずよかった。

 

レネの恋愛には全然注目してませんでしたが、ヨリを戻せてよかったです。モデルのオバさん(失礼)デビーって名前みたいです。たぶん今までも名前出てたけどまったく覚えてなかった。“ラスタ・モンスタ”も郊外ではウケてるみたいだし、こちらもひとまずよかった。

 

あとはレイチェル。この人は一体何がしたいのかよくわからないです。再就職先でもまったくヤル気ないし、ドミンゴとも結局やっぱり違う、と思ってるみたいだし。ドミンゴなんて最初っから違うってわかってたでしょーよ!その結果、家庭菜園で野菜育ててるロハスな男ティムに出会って目が覚めたってなってるし。レイチェルのウザさがどんどん増してます。

 

 

ナンシーとの関係がベンたちの成功に吉とでるか凶とでるかはまだわかりませんが、今後に注目です。そういえば、シーズン1の終盤にキャムがレネの保険金詐欺に加担(盗まれたことにした車を燃やす)してましたが、それも今後明るみになったりするのか気になります。