アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『APB ハイテク捜査網』シーズン1 第6話 あらすじ・ネタバレ&感想 ギデオンのパパ登場

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170616092257j:plain

photo credit:fox

 

『APB ハイテク捜査網』シーズン1 第6話のあらすじ・ネタバレ&感想です。

 

 

あらすじ・ネタバレ

ギデオンは、特定の対象物を監視・追跡できる超小型のドローンを開発し、13分署内で飛ばして遊んでいます。するとコンラッド警部が、捜査に協力したいという男が来ているので会ってほしいとギデオンを呼び出します。ギデオンが会いに行くと、その男はギデオンの父、ジョーでした。

 

ジョーは天才詐欺師で、大物犯罪者のモレッティにイカサマを働き、付け狙われているので、自分がおとりになってモレッティの逮捕に協力すると言います。ギデオンは、警察も騙すつもりだ、と猛反対しますが、マーフィーは、モレッティは何年も追っている大物犯罪者で、逮捕できたら大手柄になるのでどうしてもやりたい、と言い、ギデオンは仕方なく了承します。

 

計画は、モレッティが強盗して奪ったダイヤの買い手を探しているので、ジョーが買い手がいると言って取引させ、その取引現場をおさえ逮捕する、というもので、まず、取引の約束をつけるため、ジョーは挨拶代わりに2万5千ドルを持ってモレッティに会いに行くことになります。

 

ギデオンは、ジョーがお金を持って逃げないため、腕時計型の小型追跡装置をピートに作らせ、ジョーに装着します。この追跡装置は簡単に外せないしくみになっていて、ギデオンは厳重に警戒します。

 

ジョーは、モレッティの店にモレッティに会いに行き、周りではマーフィーらが監視しています。危なっかしくも、何とかジョーの巧みな嘘で、モレッティはダイヤを50万ドルで売る取引に応じます。

 

翌日取引することになり、ギデオンは捜査費用50万ドルを用意します。マーフィーやコンラッド警部は、今回の捜査は危険で、お父さんを失うかもしれないからちゃんと話し合い、仲直りした方がいい、とギデオンに忠告しますが、ギデオンは聞く耳を持ちません。しかしギデオンは、思い直してジョーと話しをすることにし、ジョーを探します。しかし、署内どこを探してもジョーの姿はなく、保管庫に置いてあった50万ドルも消えていました。追跡装置で確認すると、地下にいたので地下に行ってみましたが、追跡装置がうまくはずされて置かれていました。

 

ギデオンは、ジョーがシカゴから離れると思い、空港や駅を監視します。しかしマーフィーは、犯罪者は馴染みのある本拠地をすぐには離れないし、モレッティを怒らせたくないから取引には現れるはずだ、と言います。取引場所がどこかがわからないので、ギデオンは超小型ドローンを使って、モレッティを追跡することにします。

 

モレッティは車を4台使い、追跡をかわせるように用心していました。ギデオンはその4台全部をドローンに追跡させますが、4台同時にドローンを操作するのは難しく、見失いそうになったり、映像が乱れたりします。何とかモレッティが乗っている一台に絞り込めないかと映像を見ていると、マーフィーが刑事の勘でその一台を絞り込めました。

 

その一台追っていると、とある遊園地に着きます。そこはギデオンとジョーの思い出の場所で、そこが取引場所であることを確信しました。しばらく監視しているとジョーがやってきて、モレッティとの取引が始まりました。ジョーは、50万ドルと言っていたのに40万ドルしかないとモレッティに言います。モレッティはジョーに銃を突きつけますが、ジョーはまたもや言葉巧みにモレッティを丸め込み、40万ドルで取引させます。そこへ監視していたマーフィーらが突入し、無事モレッティを逮捕します。しかし、気づけばジョーの姿はどこにもなく、残りの10万ドルを持ってジョーは逃げてしまいました。

 

翌日、ギデオンのもとにジョーから電話があります。ジョーは、自分はろくでなしだが、ギデオンが真っ当に育ってくれて誇りに思う、愛している、と言い、電話が切ました。ジョーは、使っていた携帯電話を捨て、どこかに消えていくのでした。

 

スポンサーリンク

?

感想

今回はなかなか面白かったです~。ギデオンのパパがまさかの犯罪者だったなんて。モレッティは捕まりましたけど、パパは逃げましたね。パパのゲスっぷりときたら・・・お母さんがギデオンの大学資金にと遺してくれた生命保険もギャンブルに使っちゃって、それでギデオンがロケット作ってそれ売って学費にしたら、俺のおかげだろって・・・最低。ラストは改心して・・ってならないところが逆によかったです。

 

超小型ドローンがかわいかったです。なんか鳥みたいで。あんなの実際にあったら犯罪も防げるけど、犯罪も増えそうです。監視に気づきにくいからストーカーとか?技術の進化は良し悪しですね。

 

今回のサイドストーリーは、ブラント・ゴスのコンビで、車の窃盗事件で犯人を追っていたら、犯人は車に超詳しい、どんなカギでも簡単に開けれちゃったりするという発達障害の少年で、車を盗んだのも悪気がなく、その才能を警察の役に立てたら、とゴスが検事補のオフィスで働く友人に口をきいて罪を軽くしてもらい、奉仕活動という名目で署の車の窃盗技術を教える部署で働くことになる、という話でした。ここの警官はすぐ同情しちゃう。『LAW&ORDER』とか犯罪者にも被害者にも厳しいドラマを観ているせいか、このドラマがすごく甘く見えちゃいますね。意地悪な人もっと出して~!

 

 ともかく今回はそれなりに楽しめたので観てよかったと思います。次回も期待します!