アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『プリズンブレイク』シーズン5 第9話 最終話 あらすじ・ネタバレ&感想 あの人が死亡・・・

スポンサーリンク

『プリズンブレイク』シーズン5 第9話

とうとう最終回です!

 

 前回はコチラ。

www.yo-drama.com

 

あらすじ・ネタバレ

隠れていた女の殺し屋に撃たれたのはなんと男の殺し屋でした。ジェイコブの言動に疑問を持った男の殺し屋は、マイケルの殺害企画にも疑問を持ち、止めに入りましたが撃たれてしまいました。

 

マイケルは隙を見てマイクと逃げます。マイクを先に外に逃がしますが、マイケルは女の殺し屋に追い詰められます。そんな時、地下室に閉じ込められていたサラが逃げ出してきて女の殺し屋を殴り、マイケルを助けます。二人で急いで外に出ますが、マイクは戻ってきたジェイコブに連れ去られ、リンカーンは車の中で撃たれていました。

 

リンカーンを病院に運んだあと、マイケルとサラはティーバッグ、ウィップと落ち合います。そして計画を明かします。ティーバッグの義手の手術をしたのは、ティーバッグに恩を着せてジェイコブの殺害を実行してもらうためでした。そしてマイケルはウィップが取ってきた謎の瓶を受け取ります。

 

サラが病院にリンカーンの様子を見に行くとリンカーンは姿を消していました。病院には男の殺し屋が瀕死の状態で運び込まれていました。サラは男に会いに行きます。そして男にマイクの居場所を教えてもらいます。

 

マイケルは、ジェイコブをおびきだし、その隙にジェイコブのオフィスに忍び込みます。オフィスは顔認証のセキュリティで守られていますが、マイケルの手の甲にはジェイコブの顔のタトゥーが入れられており、それを認証させ入り込みました。そこでジェイコブの陰謀の証拠を盗みだします。

 

ウィップとティーバッグはマイケルの指示で“ブルーハワイ”に会いに行きます。ブルーハワイは南米の刑務所でマイケルに助けてもらった恩があり、手先の器用な人物でした。

 

マイケルは陰謀の証拠のハードディスクとマイクの交換のためにジェイコブを倉庫に呼び出します。そこには女の殺し屋、ウィップ、ティーバッグもいますが、ウィップが暴走し、マイケルの計画通りに事が運ばず、ウィップは女の殺し屋に撃たれてしまいます。ジェイコブは匿名でFBIに通報していたと言い、サイレンが聞こえます。諦めたマイケルはハードディスクを渡す、とジェイコブと別の部屋に向かいます。その間にウィップは死んでしまい、キレたティーバッグは女の殺し屋を殺します。そこにFBIが到着し、ティーバッグは逮捕されてしまいます。

 

二人になったマイケルとジェイコブですが、マイケルのもとにサラから無事にマイクを助け出したと連絡が入ります。不利になったジェイコブは、マイケルから奪った銃でマイケルを撃とうとしますが、マイケルは隙を見て逃げます。マイケルは走りながら服を脱ぎ、別のジャケットを着ます。そしてある部屋に逃げ込みます。追いついたジェイコブは後ろから発砲し、その部屋に入ります。するとそこは、ジェイコブがマイケルに罪を着せた、CIA副長官殺しの現場が再現された場所でカメラもセットされていて、銃は空砲でした。マイケルはCIA副長官殺しを再現し、ジェイコブに罪を着せ返したのでした。その部屋はトラックの荷台になっていて、マイケルはトラックと共に逃げる計画でしたが、ジェイコブに阻まれます。ジェイコブを殴りつけ、7年間の恨みを晴らしますが、FBIが現れ、マイケルは逮捕されます。

 

ジェイコブはFBIに無実を訴え帰ろうとしますが、その時別の捜査官が来て、ジェイコブをCIA副長官殺しで逮捕する、と言いました。ジェイコブのオフィスから副長官の血痕が出たというのでした。それはマイケルが仕込んだもので、あの謎の瓶は副長官の血が入っていたのでした。

 

マイケルはCIA長官から取り調べを受けます。血痕も副長官殺しの映像も少し怪しいと言われますが、ジェイコブの手下だったハッカーが捕まり、ジェイコブの陰謀をすべて白状したため、マイケルの容疑はすべて晴れ、無罪放免になりました。

 

マイケル、サラ、マイク、そしてリンカーンとシバは穏やかな時間を過ごしています。一方、リバーフォックス刑務所に収監されたジェイコブは、マイケルの根回しで、ティーバッグと同じ房に入れられるのでした・・・

 

 

感想

いやあ~終わりました!!色々ツッコみたいところはありますが、素直に面白かったです。ウィップが死んだのは残念ですけど、マイケルもリンカーンも無事でよかった!!

 

何かと急ぎ足でしたが、とりあえずすべての謎は解決しましたね。てゆーか、マイケル、天才すぎでしょ。ジェイコブにパシらされてるときから色々計画してたわけでしょ。最後CIA長官にCIAに勧誘されてましたが、それもうなずけます。

 

ただ、納得いかないのが顔認証よ!あんな似顔絵チックなタトゥーで認証できちゃうわけ!?輪郭とか立体感とかは認識しないのかね?うーん・・・あれがいけるんだったらタトゥーじゃなくても体のどっかに超リアルな似顔絵書いたら認識できてしまって顔認証の意味なしですね。ブルーハワイに送っていた手のひらのタトゥーはフェイクで、ジェイコブの目をくらますものだったってのはよかったですけど。

 

あとよくわかんないのは、マイケルの計画です。ティーバッグにジェイコブ殺して~ってほのめかすんですけど、ウィップがそんなことしたら親父つかまっちゃうじゃん!って反対するんです。そしたらマイケルが誰も捕まらない方法があるっていうんです。でも、ウィップがオレ強いんだぜって感じに暴走しちゃって撃たれて、結局その計画とやらがわからずじまいでティーバッグも捕まるんですよね。もしや、こうなることを予想してて、誰も捕まらない計画なんてなかったとか?・・ティーバッグは所詮悪党だし、ハイテク義手で恩を売ったとはいえ、後々脅されたりしたら面倒だからみたいな・・・そこまで計画してたらマイケルもなかなかのワルですな。うーん、でもありえるなぁ。

 

ブルーハワイさんも最後まで引っ張った割にたいした人じゃなかったですね。プレスリーのコスプレで初登場してましたが、あのシーンはいらなかったですね(笑)

 

ティーバッグは自分に子どもがいるとわかってすごく人間らしくなった気がします。ウィップが暴走したときも本気で止めていたし、死ぬときもすごく悲しんでいて、殺人鬼にも情があったんですね。もっと早くに子どもがいるとわかっていれば、ティーバッグも違った人生を歩んでいたかもしれないですね。とはいえ、レイプ犯の殺人鬼ですから無罪放免というわけにもいかず、最後は古巣に戻るという、なんかスッキリした結末でした。

 

なんだかんだとダメ出ししましたが、とても楽しませてもらいました。9話ぐらいでちょうどよかったのかもー。これ以上長かったらダレてしまってたかな。来週から何を楽しみに生きればいいのかしら・・・