アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『APB ハイテク捜査網』シーズン1第2話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

f:id:yokosyoko:20170519155513j:plain

photo credit:FOX

FOX 『APB ハイテク捜査網』シーズン1 第2話

 

あらすじ・ネタバレ

ギデオンが発明し、導入した犯罪通報アプリ「APB」はシカゴ中のたくさんの市民がダウンロードするようになりました。

 

ギデオンは新たに13分署の改革を計画します。刑事がデスクに籠らずどんどん現場に出たり、刑事の事務処理仕事をなくしたり、と改革の話を署員にしている最中、「APB」から薬局に強盗が入ったとの通報が入ります。現場が署から近かったため、マーフィーとギデオンが現場に向かいます。

 

 

容疑者は現場から逃走し、マーフィー達はパトカーで追いかけます。カーチェイスの末、容疑者の車は公園に突っ込み、そのまま逃走してしまいました。公園では遊んでいた少女が容疑者の車にはねられ重傷を負います。マーフィーとギデオンは少女の見舞いに行き、少女の母親と話したギデオンは、事件の解決を心に誓います。

 

防犯カメラの映像や車の特徴などから捜査しますが、なかなか容疑者がつかめません。そこで、容疑者の捨てた覆面から警察犬を使って犯人の居所を捜索します。警察犬を連れた警官コンビ、ブラントとゴスは燃えている容疑者の車を見つけます。警察犬が走って近寄ると、車が爆発し、警察犬は大ケガを負います。犬をかわいがっていたブラントは獣医から、足の切断は免れないので、安楽死の検討の話をされ、怒りに燃えます。

 

ギデオンが燃えた車を調査すると、改造したことがわかります。マーフィーは、今までのパトロールの経験から盗難車の改造を請け負う店は1件しかない、二人でその店に向かい、店の男を逮捕して情報を得ます。

 

男の情報から、ジェド・バクスターという男が容疑者として浮上します。13分署の署員たちは一斉にバクスターを捜索します。警官の一人が、車に乗っているバクスターを発見しますが、バクスターはまたもや人をはねながら逃走します。そこでギデオンは、新たに開発した新型犯罪捜査ドローンを使い追跡しますが、バクスターは地下駐車場に逃げ込み、ドローンは電波が拾えなくなり、鉄柱にぶつかり墜落し、バクスターに逃げ切られてしまいます。

 

ギデオンは、マーフィーの家に夕食に招待されます。そこでマーフィーの息子、マテオに会います。マテオはバイクと車を競走させるおもちゃで遊んでいて、それを見たギデオンは閃きます。

 

ギデオンは、自分の会社の技術者、ピートと共にバイクを開発します。するとそれを聞いたブラントとゴスがそのバイクに乗ることを志願してきます。そんな時、バクスターがまた強盗をしたと通報が入ります。バイクはまだ開発途中でしたが、未完成のまま出動します。そして、マーフィーのパトカーとブラントたちのバイクで、逃走しているバクスターをうまく追い詰め、スパイクベルトを道路に敷いて、無事逮捕することができました。

 

バクスターにはねられた少女は重体でしたが、ギデオンが別の医者を手配し、無事目を覚まします。警察犬は、ギデオンの会社が開発したハイテク義足をつけてもらい、ブラントが飼うことになりました。

 

マーフィーが元夫のもとにマテオを迎えに行くと、元夫はマーフィーに13分署からの異動を強要します。マーフィーが拒むと元夫は、素人が犯罪捜査をすることや、市民が素人警官になることを快く思ってない者もいて、市長が13分署を調査する対策本部を作ったこと、そして、その本部を自分が率いると言いました。

 

 

感想

カーチェイスって、ベタやな~と思いつつ、観てるとドキドキハラハラします。今回は小さな子がはねられたり、ワンコがケガしたり、ちょっとウルルンしてしまいました。動物と子どもに弱いアラフォーです。でもどっちも死ななくてよかった~。しかし、ワンコの義足はまだわかりますが、少女の方は、ギデオンが手配した医者に診てもらったら意識が戻るって・・脳が腫れてて意識不明だったんですが、お金を出せば救えるんですかね。たとえスーパードクターだったとしても、そんな簡単に意識戻るの?最初の医者が手を抜いてたってこと?それだったら最初からギデオンの医者に診せればよかったような。ちょっと疑問でした。

 

ギデオンとマーフィーはどんどんいいコンビになってますね。ギデオンはハイテクに関してはすごいけど、警察のアナログな捜査にはもちろんマーフィーのほうが長けているので、うまいこと補いあってます。

 

13分署では、反発も少々ありますが、結構ギデオンのハイテクチームがアッサリ受け入れられていて、ちょっと簡単すぎな気もします。もうちょっと反抗する署員がいてもいいような・・・今回のことでブラントのコンビもギデオンに好感持っただろうし、ギデオンに反発を抱いた警部が辞表を出したおかげで、ギデオンに警部補に昇進させてもらったオジサン(署長?)もいます。まあこれから市長の邪魔とかが入って問題が起きたりするんでしょうけど。

マーフィーの元夫(別居中だけかも)もややこしそうな人物です。いちいち上から言ってくるし、ギデオンとの関係にも嫉妬してるし、市長の手下っぽいし。これも揉めそうです。

 

なんだかんだと不満(笑)もありますが、1話2話と面白かったのでこのまま観続けられたらいいなと思います・