アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『プリズンブレイク』シーズン5 第5話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

『プリズンブレイク』シーズン5第5話

あらすじ・ネタバレ

マイケルとリンカーン

ラマールを殺してしまったマイケルとリンカーン、脱獄仲間のウィップ、ジャ、シドは、過激派たちから隠れながら街の中を逃げます。過激派たちはマイケルたちに懸賞金をかけ、必死に追いかけてきます。

ある建物に逃げ込んだところで、リンカーンはマイケルから今までの事を聞きます。7年前にみんなの罪を免責にする代わりに、ポセイドンを名乗る人物から、テロリストや政治家の脱獄をさせられていたと。一度は断ったが、そうするとサラが刑務所に入れられ、暴力を振るわれたので、サラや息子を守る為に引き受けるしかなく、名前や過去を消し去り活動していた、と話しました。

シーノートとシバ

空港に向かったシーノートたちでしたか、空港は混乱を極め、出国できるような状態ではありませんでした。そんな時、空港にも過激派がやってきて占拠し始めます。キリスト教徒のパイロットが制服を脱ぎ捨て逃げようとするところを見つけたシーノートは、彼を助けて、過激派に奪われていない小型ジェット機の操縦を彼に頼み、出国を計画します。

サラ

ティーバッグから、殺し屋とジェイコブが話しているところの写真を見せられ、ジェイコブを疑います。急いでジェイコブの実家にいる息子のマイクを迎えに行き、逃げようとしますがジェイコブがすぐに実家に現れます。ジェイコブに写真を見せるとジェイコブは、携帯をハッキングした犯人を突き止めたから話をしに行っただけだ、と言います。サラは信じませんでしたが、その後、ジェイコブから警察署に来てくれ、と呼び出され行ってみると、二人の殺し屋が逮捕されていて、ジェイコブが殺し屋にお金を渡し、それに超小型発信機をつけていて、警察に逮捕させた、と言うのでした。

列車か空港か

イエメンを出国するための行き先は、マイケルは駅に、リンカーンは空港にと意見が分かれます。マイケルが引かないのでリンカーンは仕方なくついていきます。しかし駅にはたくさんの過激派がいて、マイケルたちはすぐに見つかってしまい、必死に逃げます。建物に逃げ込みますが、そこもすぐ過激派に見つかり、出口もない状態で絶対絶命になりますが、ジャの機転で過激派たちを倒します。そして、ジャの持っていた携帯でシーノートに連絡し、空港で落ち合う約束をします。無事に建物から出て空港に向かおうとしたところ、シバを襲った過激派の男がまだ生き残っていて、ライフルを撃ち、それがシドに当たります。シドは瀕死の中、建物に置いてあった手錠を使い、過激派の男と自分を手錠でつなぎ、男を動けないようにして死んでしまいました。マイケルは怒りにまかせて男を殴り続けますが、仲間に止められ、空港と向かいます。

 

空港では、シーノートたちがリンカーンたちの到着を待っていましたが、早く離陸しないと自分たちも攻撃されてしまう状況になり、シーノートはあと5分待つ、言いましたが、パイロットは離陸を始めてしまいます。ちょうどその時、リンカーンとマイケルたちが空港に到着しますが空港の柵の外で、飛行機はもう離陸を始めてしまっていました。リンカーンはシーノートに電話し、自分たちはなんとか出国する、と伝えます。シバは、リンカーンに、オマールを探して、と言います。そして、マイケル、リンカーンたちに過激派が迫ってくるのでした・・・

 

以上が第5話のあらすじ・ネタバレでした。

感想

シド、無念です・・・シドは同性愛者で、イスラムの国で生きにくい人生を送っていました。過激派に見つかると一番に殺されるといつも怯えていて、観ていて辛かったです。できれば自由な国で生きていて欲しかったなぁ・・・

今回ジャが大活躍しました。ジャは韓国人のジャンキーで、Queenのフレディ・マーキュリーの大ファンで、刑務所に入る前にフレディの遺骨を買ったという謎の設定です(笑)携帯でしょっちゅうQueenの曲を聞いています。

マイケルの謎も判明しました。マイケル、ポセイドンに脅されていたんですね。サラが刑務所に入れられたのもポセイドンの仕業だったなんて・・・ちょっとこじつけのような感じもしますが(笑)

マイケルはポセイドンに指示で、色んな政治家やテロリストの脱獄を手伝っていたんですが、その際、罪のない人も巻き込んで犠牲にしてきたらしいです。それをすごく後悔している、みたいなことをリンカーンに話していました。7年もそんな事させられていたら頭おかしくなっちゃいそうですよね。

脱獄仲間のウィップもずっと一緒に脱獄を手伝ってきてたみたいなんですが、マイケルの過去とかは知らなくて、なぜマイケルが自分をウィップ(利き手)と呼ぶのか、としきりに聞いていました。この二人の関係性も気になります。

ジェイコブはなかなかやり手ですね。警察に殺し屋を逮捕させたことにさせるなんて。ケラーマンすら抹殺できる殺し屋がそんな簡単に警察に捕まるわけありません。CIAが関係してるなら警察に嘘つかせるなんて簡単にできますよね。サラもジェイコブを完全に信じた様子ではなかったです。ジェイコブ=ポセイドンなら、ジェイコブはすべてを計算してサラに近づき、夫になったってことですよね。コワいっ・・

 

今回は逃げてるシーンが多く、常にハラハラドキドキしていたので、マイケルがポセイドンについて話しているくだりがあんまり頭に入ってこなくて(笑)結構端折ってしまってると思います。もう一回観ようかな。

次回も楽しみです!!