アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

『プリズンブレイク』シーズン5 第4話 あらすじ・ネタバレ&感想 まさかのあの人が!?

スポンサーリンク

『プリズンブレイク』シーズン5第4話

あらすじ・ネタバレ

脱獄に失敗したマイケルと脱獄仲間達、アブ・ラマールは、独房に入れられてしまいます。マイケルは、以前独房に入れられていた時に房に隠した、脱獄の最後の手段を探しますが、残念な事にそれはラマールの房にありました。マイケルはラマールに、それを使って脱獄するよう言いますが、ラマールは応じません。

 

リンカーンは、暴行され病院に入院中のシバに付き添っています。そこでシバの父親から、娘を助けてくれた礼にマイケルを刑務所から出す手伝いをする、と言われます。シバの父親の友人に判事がいて、車と交換で、最高裁判所からの完全放免の書類をくれたのでした。それを持ってシバの父親とリンカーンは刑務所に向かいます。

 

 

イエメンの街は、過激派の攻撃により今にも陥落してしまいそうな状況で、刑務所の看守たちも過激派を恐れて、所長以外は刑務所から逃げ出していきます。リンカーンたちが刑務所に着いた時には、職員たちが逃げ出して混乱している最中で、リンカーンはシバの父親に、シーノートやシバたちと先に空港に行き、出国する準備をしろといい、父親と別れ、刑務所の中に入って行きます。

 

混乱する刑務所の中では、一人の看守がゲートにカギをかけ、誰も出られないようにして、カギを持って街に逃げていきました。リンカーンはその看守を追いかけます。そんな中、囚人たちは、このままでは過激派たちに殺されてしまうので、独房にいるラマールを人質にして、ラマールを引き換えに助かろうと計画します。そして、所長を殺し、独房のドアをぶち破ろうとします。

 

その様子を独房で聞いていたマイケルたちは、再びラマールに脱獄を迫ります。身の危険を感じたラマールは渋々承諾し、マイケルが隠していた道具を使って、マイケルの房の扉を開けました。房を出ることができたマイケルは、次々に仲間の房を開けます。最後にラマールの房の番になり、他の仲間たちは反対しますが、ラマールも出し、一緒に独房を逃げ出します。そして看守の部屋に行き、ラマールに、車の手配をするよ過激派の仲間に電話をかけさせました。

 

一方リンカーンは、カギを持って逃げた看守を追いかけ、何とかカギを入手し刑務所に戻ります。そしてゲートのカギを開け、囚人たちのいるところに入りマイケルを探します。すると、遠くで刑務所の外に出ようとしているマイケルを見つけ叫びますが、混乱している刑務所内ではその声は届かず、リンカーンはマイケルを追って町に行きます。

 

無事に刑務所の外に出られたマイケルたちは、ラマールの手配した車の場所まで行きますが、ラマールに裏切られ、過激派たちに囲まれてしまい、マイケルはラマールに処刑されそうになります。その時、リンカーンが現れ、過激派の武器を奪い、マイケルを離すようラマールを脅します。そして、隙ができた瞬間にウィップがラマールが持っていたナイフを奪い、ラマールを殺します。他の過激派が次々やってきたので、マイケル達は急いで無人の店に逃げ込みます。そこでやっとマイケルとリンカーンは再会を喜び合います。喜びもつかの間、テレビからラマールが殺害されたときの映像が流れ、過激派たちが報復宣言をした、と聞こえてきたのでした。

 

 

ティーバッグは、サラからの指示でケラーマンを調べるため、彼を尾行し、家に侵入します。そして銃を奪い、ケラーマンにマイケルや自分の事、ポセイドンについてを問い詰めます。しかしケラーマンは、自分はポセイドンではないし、むしろサラを助けた、と言います。そして、ポセイドンについて、政権内部でも素性を知られていない謎の工作員で、誰も探せない、政府の外交政策に不満で、独自の観念で動いていて、おそらくアブ・ラマールを脱獄させたがっている、ラマールを開放すれば、ロシアやイランを攻撃してくれ、アメリカの存在を強くさせてくれると考えている、と話します。そんな時突然ケラーマンが撃たれ、倒れます。ティーバッグも弾がかすりますが、なんとか地下に逃げ込みます。サラを襲った二人組の殺し屋が入ってきて、男の殺し屋がケラーマンにとどめを刺します。女の殺し屋がティーバッグを追って地下室にきますが、ティーバッグは間一髪で外に逃げた後でした。

 

ティーバッグは殺し屋が立ち去るのを隠れて待ち、車で尾行します。殺し屋たちはある場所で停まり、誰かを待っている様子でした。すると、一人の男が殺し屋に近づいてきます。ティーバッグがその男を確認するため、スマホで撮影しながら隠れて近づいてみると・・・その男はジェイコブでした・・・

 

以上が第4話のあらすじ・ネタバレでした。

感想

まさかの!!ジェイコブがポセイドン!?ショック・・・あんないい人そうなのに・・確かにマイケルに否定的で、なんだかな~とは思っていたけど、嫉妬からかな、とも思えるし、ハンク先生のイメージもあって、本当にいい人そうに見えるんですよ!!それを狙ってのキャスティングでしょうか・・・殺し屋さんは国務省に出入りしていたので、CIAも絡んでいるんでしょうね。第一話でサラがマイケルについて国務省に相談に行った際、ケラーマンが出てくる前に対応した職員のスズキだかイケダだか(忘れました・・)が再登場でなにか関係してそうです。サラに水の入ったコップを持ってきたのも彼なので、指紋を盗んだのは彼なのも。

 

今回はたくさんの人がお亡くなりになりました・・ケラーマン、ラマール、オギュギア刑務所の所長(看守長かも?)、あとは名前も忘れた人数人・・こういうドラマだから人が死ぬのは普通なんですけど、見慣れた人が死ぬとちょっと寂しい気持ちになります。悪人は別ですけどね。ラマールは誰にとっても悪なのでちょっと安心しました。

 

リンカーンはマイケルと涙の再会です。ほんとよかった~。マイケルもサラとマイクを心配していて、やっぱり何かやむを得ない事情があって死んでたことにしていたんでしょうね。あとは無事イエメンを脱出することですね。パスポートはないし、航空券もリンカーンとマイケルの分しかお願いしていないので、ウィップたち脱獄仲間たちはどうするんでしょうか・・あーもう早く続きが観たいです!!