アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Hulu 『僕が教えるアメリカ成功術』シーズン1 第8話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

Huluで配信中の『僕が教えるアメリカ成功術』第8話

あらすじ・ネタバレ

ベンとキャムは、盗まれた「ラスタ・モンスタ」の宣伝カーの盗難届を警察に出しに行きますが、警察は真剣に動いてくれずあてになりません。ヒラキに謝罪の電話を入れようというベンにキャムが自分が電話する、と言います。キャムはヒラキに電話しますがTシャツが用意できないことを言い出せず、今夜届ける、という話になってしまいます。しかもヒラキは、Tシャツが日本で売れたらパーカーの発注もすると言い出し、キャムは後に引けなくなってしまいました。

 

ベンとレイチェルは、成り行きで一夜を共にしてしまいます。あくる朝、気まずい雰囲気で二人は別れますが、レイチェルは何かを決意したかのように、上司のイーディに電話し、話し合いをしたいと伝えます。そして会社を辞めると伝え、ダレンにも、ベンと一夜を共にしたことを話し、別れを告げるのでした。 一方ベンは、ジュリーと約束していた旅行の話をTシャツの件もあるので断ります。

 

キャムは、宣伝カーが盗まれたことでレネから下働きを課せられています。宣伝カーの盗難に違和感を感じているキャムは、レネが盗難に絡んでいるのではないかと、レネの手下を問い詰めますが、レネがすぐに現れて話を遮りました。レネが保険金目当てに車を盗んだと確信したキャムは、ベンにそのことを話し、二人でレネにTシャツだけ返してほしいと頼みに行きます。ベンが下手に出てレネに話しますが、レネはしらを切ります。キャムはレネを罵りますが、逆に脅されて二人はいったん諦めます。

 

その晩キャムが寝ていると、突然レネに起こされてどこかに連れて行かれます。空き地のようなところに到着し、そこには盗難されたはずの車がありました。レネはキャムに、車にはグラフィックアートが施されているので美術品扱いとなり、保険金がすぐおりる、商売をするには金がいる、と話します。そして、Tシャツはいい出来だ、Tシャツを足掛かりにビジネスを成功させろ、ただし、落ちるときは道連れだ、と証拠隠滅のために車に火をつけろと指示します。戸惑うキャムでしたが、結局火をつけて燃やしてしまいました。

 

ベンとレイチェルは、あの夜の事を話し合います。ベンはあの夜の事はカウントしないと言い、レイチェルも同意します。レイチェルは、貯金が尽きるまで旅に出ると言い、二人はハグをして別れます。

 

無事にTシャツはハラキのもとに渡り、ハラキとの取引は終了し報酬をもらいます。ベンとキャムは報酬の使い道を話します。ベンは、家賃を払い、またジーンズを作る、と言います。キャムは、「クリスプ」のパーカーを作り、東京に行って自分たちで売るんだ、と言うのでした。

 

以上が第8話のあらすじ・ネタバレでした。

感想

今回が最終話でした。あっと言う間でしたね~。まさか車の盗難がレネの自作自演だったなんて・・・。保険金詐欺をするほどレネも思ったよりお金に困っていたんですね。レネは時々、教会のお手伝いをしたり、神父さんに相談したりしているんですが、自分でも犯罪から足を洗いたい気持ちはあるけどなかなか・・って葛藤があるみたいです。キャムが車に火をつけるシーンでは、キャムはすごい悩んでいたので正義感でTシャツは諦めて犯罪には手は染めないかと思いましたが・・そこはキャム、火つけちゃいました(笑)たぶんベンだったらつけてないですよね。このことがいずれトラブルのもとになる気がします。

 

ベンとレイチェルは、お互い素直になれない感じですね。レイチェルは自分の信念を曲げず、ダレンからの依頼のホテルの仕事はしたくないと、会社も辞め、ダレンとも別れてしまいますが、ベンはなんか優柔不断でした~。ジュリーとの旅行は断ったけど、キャムが大変だから~とか言って、別れる別れないの話は一切なかったです。ズルい男ですね。

 

ベンとキャムは本当に東京に行くんでしょうか!?ちょいちょい日本ネタが入るこのドラマ、本当に日本に二人が来てたらビックリですね!

 

シーズン2の配信はまだわかりませんが、必ず配信してほしいです!