アメドラ三昧

動画配信サイト HuluやNetflixで視聴したドラマ・映画のあらすじ・ネタバレを綴っています。

Hulu 『僕が教えるアメリカ成功術』シーズン1 第1話 あらすじ・ネタバレ&感想

スポンサーリンク

 Huluで配信中の『僕が教えるアメリカ成功術』を視聴してみました。

何か面白いドラマはないかと探しているところに、このドラマが目にとまりました。あらすじを読むと、ニューヨークで20代の2人の若者がアメリカンドリームを実現すべく、奮闘する・・・とのこと。うーん、あまり心惹かれない・・・と思ったんですが、私はニューヨークがとても好きで、『ゴシップガール』『SEX AND THE CITY』の雰囲気を少しでも味わえるかな、と視聴してみることにしました。全8話で、1話25分程度だったのでさらに視聴意欲が上がりました(笑)

あらすじ・ネタバレ

舞台はニューヨーク。親友同士のベンとキャムは、ベンがデザインしたスケボーを売って儲けようとしていましたが、まったく売れず失敗に終わります。ベンはその上、長期間付き合っていた彼女と別れ落ち込んでいました。さらに、自分はバーニーズニューヨークでジーンズの売り子をしているのに、高校時代のさえない友人はヘッジファンドで成功していることを知り複雑な心境になります。

キャムは、刑務所にいたいとこのレネが出所したため、レネから借りていたスケボー代の5000ドルを返済しなければならなくなりました。そして、裏ルートでブランド品の革ジャンを仕入れて転売し儲ける計画を立てます。二人は仕入れた革ジャンを路上で販売しますが、警察に止められ、革ジャンも押収され、またもや計画は失敗に終わりました。

さらにベンは、友人が開いた個展で元彼女に再開し、その彼女にホテル経営者の新しい恋人がいる事がわかり落ち込みます。ベンも新しい恋を期待しますが、それもうまくいかず、すっかり自暴自棄になります。

キャムは、革ジャンが売れなくなって借金が返せないので焦り、ベンとも言い争いになります。そこでベンはあることを思いつきました。ヘッジファンドで成功している高校時代の友人がアートに興味がありそうだったので、貰いものの写真アートを売りつけようとしたのです。しかし、友人は興味ない、と買ってはくれませんでした。ガッカリするベンでしたが、その姿をみた友人が、自分をイジめてくるドアマンを何とかしてくれたらお金を払うと言ってくれたのでした。

そうしてベンとキャムは無事レネに借金を返すことができました。借金は返せましたが、レネに「負け犬」と言われてしまい、ベンの心に火が付きます。ベンは、レネから再び3000ドルを借り、革ジャンを仕入れた裏ルートの売人からデニムの生地を買って、二人で高級ジーンズを作って売る計画を立てるのでした・・・

以上が第1話のざっくりあらすじ・ネタバレでした。

感想

ザ・アメリカのサクセスストーリーって感じですね。今から紆余曲折あって成功するのでしょうか。30分のドラマにしてはストーリーが色々詰め込まれてあってなかなか面白かったです。『ゴシップガール』『SEX AND THE CITY』のスタイリッシュ感はなかったですが、ブルックリンなどの下町感がニューヨークっぽくて良かったです。

ネットで調べたところ、このドラマの製作総指揮は俳優のマーク・ウォールバークだそうです。最近俳優さんがドラマの制作に携わったりすることが多いですね。

主役のベンは、『One Tree Hill』のブライアン・グリーンバーグです。『One Tree Hill』は観たことないのでどういう役柄かは知りませんが、なかなかイケメンさんです。キャム役の人は、あんまりメジャーな人ではなさそうですが、いかにもラテン系の明るい兄ちゃんって感じですね。

これから二人がどんな風にアメリカンドリームを追っていくのか楽しみです。第2話も視聴しようと思います。